中日クラウンズ

国内男子

李京勲が首位をキープ、手嶋多一が2位に浮上

67で回り、通算8アンダーで単独首位をキープした李京勲 中日クラウンズ(2015)(2日目) 写真・村上航
67で回り、通算8アンダーで単独首位をキープした李京勲 中日クラウンズ(2015)(2日目) 写真・村上航

リーダーズボード

順位 選手名 スコア 合計
1 李 京勲 -3 -8
2 手嶋 多一 -4 -6
3T I・J・ジャン -1 -5
3T 山下 和宏 -2 -5
5T ブレンダン・ジョーンズ E -4
5T リャン・ウェン・チョン -2 -4
7T 片山 晋呉 -5 -3
7T 藤田 寛之 E -3
7T 上井 邦裕 E -3
10T 近藤 智弘 -4 -2
中日クラウンズ(4月30日~5月3日、愛知県・名古屋GC和合C、6545ヤード、パー70)

 大会2日目。李京勲(韓国)が67をマークして、通算8アンダーで単独首位をキープ。通算6アンダーの2位に手嶋多一が浮上した。レジェンドAONの中嶋常幸は3オーバーの45位タイで予選を通過したが、青木功は通算11オーバー、尾崎将司は通算12オーバーで予選落ちとなった。

 単独首位でスタートした李京勲は1番でバーディが先行すると、2番で連続バーディ、9番のバーディで前半3つ伸ばし、後半はすべてパーをセーブして3バーディ、ノーボギーの67。通算8アンダーで首位をキープした。

 8位タイでスタートした手嶋多一が前半を4バーディ、2ボギーで二つ伸ばし、後半も3バーディ、1ボギーで回って66をマーク。通算6アンダーで単独2位に浮上。

 2位から出たI・J・ジャン(韓国)は通算5アンダーで、山下和宏と並んでの3位タイに後退。同じく2位スタートのブレンダン・ジョーンズ(オーストラリア)も通算4アンダーの5位タイに後退した。

 今大会が今季の初戦となった片山晋呉が、4連続バーディを含む6バーディ、1ボギーの65、この日のベストスコアをマークして通算3アンダー。藤田寛之と並んで7位タイにつけている。

 AONの3人。中嶋常幸は通算3オーバーの45位タイで予選通過。最年長予選通過記録のかかった青木功は通算11オーバーの93位、尾崎将司も通算12オーバーの94位タイで予選落ちとなった。

  昨年の賞金王、小田孔明は通算3オーバーの45位タイで決勝ラウンドへ進出。ディフェンディングチャンピオンの金亨成(韓国)は通算5オーバーの62位タイで予選落ちとなった。

このラウンドのニュース

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ