中日クラウンズ

国内男子

首位は李京勲、2打差の藤田寛之が4位タイ

初日は首位に2打差の4位タイと好スタートを切った藤田寛之 中日クラウンズ(2015)(1日目) 写真・村上航
初日は首位に2打差の4位タイと好スタートを切った藤田寛之 中日クラウンズ(2015)(1日目) 写真・村上航

リーダーズボード

順位 選手名 スコア 合計
1 李 京勲 -5 -5
2T ブレンダン・ジョーンズ -4 -4
2T I・J・ジャン -4 -4
4T 上井 邦裕 -3 -3
4T 小林 正則 -3 -3
4T 山下 和宏 -3 -3
4T 藤田 寛之 -3 -3
8T 近藤 龍一 -2 -2
8T ピーター・ウィルソン -2 -2
8T 稲森 佑貴 -2 -2
中日クラウンズ(4月30日~5月3日、愛知県・名古屋GC和合C、6545ヤード、パー70)

 日本男子ツアー第2戦の中日クラウンズが開催。初日は65をマークした李京勲(韓国)が5アンダーの単独首位に立った。ブレンダン・ジョーンズ(オーストラリア)、I・J・ジャン(韓国)が4アンダーの2位タイ。藤田寛之が3アンダーの4位タイにつけている。

 李京勲が6バーディ、1ボギーの65をマークして、5アンダーの単独首位。2012年長嶋茂雄 INVITATIONAL セガサミーカップゴルフトーナメント以来のツアー2勝目に好スタート。

 1打差の4アンダーには11年大会のチャンピオン、ブレンダン・ジョーンズと翌12年大会に勝ったI・J・ジャンの二人が並んでいる。

 藤田寛之が4バーディ、1ボギーの67で回り、3アンダーをマークして、上井邦裕、小林正則、山下和宏と並んで日本勢トップの4位タイにつけた。

 昨年の賞金王、小田孔明は5オーバーの75位タイ、ディフェンディングチャンピオンの金亨成(韓国)も6オーバーの85位タイと出遅れている。

 また、2年ぶりに顔を揃えたAONの3人。青木功と尾崎将司は5オーバーの75位タイ、中嶋常幸は2オーバーの41位タイで初日をスタートした。

このラウンドのニュース

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング