中日クラウンズ

国内男子

未勝利の山下和宏、2試合連続2位で手応え

開幕戦に続き2位に入り、初優勝への手応えをつかんだ山下和宏 中日クラウンズ(2015)(最終日) 写真・村上航
開幕戦に続き2位に入り、初優勝への手応えをつかんだ山下和宏 中日クラウンズ(2015)(最終日) 写真・村上航

リーダーズボード

順位 選手名 スコア 合計
1 I・J・ジャン -3 -10
2T 谷原 秀人 -2 -6
2T 山下 和宏 -1 -6
2T 近藤 智弘 -1 -6
5T カート・バーンズ -4 -5
5T 手嶋 多一 E -5
7 呉 阿順 E -4
8T 小平 智 E -3
8T 竹谷 佳孝 +1 -3
10T 稲森 佑貴 -2 -2
中日クラウンズ(4月30日~5月3日、愛知県・名古屋GC和合C、6545ヤード、パー70)

 41歳の山下和宏が、じわじわと初優勝に向けて進んでいる。中日クラウンズ最終日、最数組の一つ前の組で首位と2打差の3位タイから逆転優勝を狙った。途中1打差まで詰めよったが、決め手に欠き、3バーディ、2ボギーの69と一つ伸ばすに留まり。4打差の2位タイで終えた。

「昨日、一昨日よりショットがよくて、『よし、行こう』という気でいたのですが、最後の締めのアプローチ、パターが思うようにいかなかったですね。前半もチャンスあったし、パットを入れたいから、ちょっとパンチが入っちゃったり……。優勝争いする手応えを感じられる大会になりました」

 たびたびチャンスにつけたが、僅かにカップをかすめるなど決めきれずに追撃はならなかった。開幕戦の東建ホームメイトカップに続いて、2試合連続2位。悔しさの残る4日間だったが、一定の手応えは感じた。イップスというアプローチにも免疫がついており、優勝争いの戦い方も身についてきた。

「来週はゆっくり、プラプラしますよ。また日本プロから頑張ります」

 再びオープンウイークとなるが、連戦の始まる日本プロゴルフ選手権日清カップヌードル杯以降に優勝の照準を合わせた。

文・小高拓

このラウンドのニュース

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ