東建ホームメイトカップ

国内男子

【コメント集】山下和宏「やれることはすべてやりきった」

悔しい2位に終わったが、今後につながる自信がついたという山下和宏 東建ホームメイトカップ(2015)(最終日) 写真・鈴木祥
悔しい2位に終わったが、今後につながる自信がついたという山下和宏 東建ホームメイトカップ(2015)(最終日) 写真・鈴木祥

リーダーズボード

順位 選手名 スコア 合計
1 マイケル・ヘンドリー -7 -15
2 山下 和宏 -5 -14
3 H・W・リュー -2 -13
4 片岡 大育 -3 -12
5T 宮本 勝昌 -7 -11
5T 谷口 徹 -3 -11
7 S・K・ホ -4 -10
8T 高山 忠洋 -7 -9
8T 藤本 佳則 -6 -9
8T 重永 亜斗夢 -3 -9
東建ホームメイトカップ(4月16~19日、三重県・東建多度CC・名古屋、7081ヤード、パー71)

山下和宏(2位、7バーディ、2ボギーの66、通算14アンダー)
「前半が終わった時点で、トップが11か12アンダーだったので、後半いけそうな感じがしました。最後は残念でしたけど、よくやったと思います。パットが一番大きかった。パーパット、ボギーパット、ダボになりそうなパットもあったんですけど、しっかり打てた。やれることはすべてやりきれたと思います」

H・W・リュー(3位、3バーディ、1ボギーの69、通算13アンダー)
「スタートは緊張しましたが、2番のバーディのおかげで3番からは少しほぐれ、落ち着いた気持ちでプレーに集中できました。今日は、優勝争いに加わりながらも伸ばし切れず非常に残念でしたが、自分に期待しています」

片岡大育(4位、4バーディ、1ボギーの68、通算12アンダー)
「バーディが取れなくて、やっと取れたと思ったら、(マイケル・)ヘンドリーが15アンダーになっていて、いくしかないと思った16番でボギーをたたいたのが悔しい。悪いショットではなかったけど、リカバリーできなかった」

宮本勝昌(5位タイ、8バーディ、2ボギー、1ダブルボギーの68、通算11アンダー)
「今日は楽しかったです。ボードを見てトップが13アンダーだったので、狙いました。土曜、日曜といいプレーができました。優勝は運と人との巡り合わせがありますが、上位争いができたので、及第点がつけられるかと思います」

藤本佳則(8位タイ、6バーディ、ノーボギーの65、通算9アンダー)
「(今シーズンの)いいスタートが切れた。不安もあったし、その中でいいゴルフができた。アイアンも飛ぶようになったし、ウッドも飛んでいると思います。去年勝ってないので、勝てる選手になりたい。今年の目標は複数回優勝です」

高山忠洋(8位タイ、7バーディ、ノーボギーの64、通算9アンダー)
「ボギーを打たないように心がけて思い切りいきました。とにかく上を目指し、それが結果につながりました。80センチ、1メートルなどの短いパットを外しているから気力がダウンしたりしましたが、(持病の)手首もいい状態なので、楽しみなシーズンになりそうです」

このラウンドのニュース

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ