ダンロップ・スリクソン福島オープンゴルフトーナメント

国内男子

【コメント集】T・クロンパ「母国タイと同じような暑さで調子もいい」

6連続バーディを奪うなど通算10アンダーで暫定首位タイに並んだタンヤコン・クロンパ ダンロップ・スリクソン福島オープン(2014)(2日目) 写真・村上航
6連続バーディを奪うなど通算10アンダーで暫定首位タイに並んだタンヤコン・クロンパ ダンロップ・スリクソン福島オープン(2014)(2日目) 写真・村上航

リーダーズボード

順位 選手名 スコア 合計
1T タンヤコン・クロンパ -7 -10
1T 永野 竜太郎 -6 -10
1T 岩田 寛 -8 -10
4 手嶋 多一 -1 -9
5T 矢野 東 -8 -8
5T 市原 弘大 -2 -8
5T 高山 忠洋 -4 -8
8T 重永 亜斗夢 -3 -7
8T K・T・ゴン -3 -7
8T 高橋 竜彦 -2 -7
ダンロップ・スリクソン福島オープン(7月31日~8月3日、福島県・グランディ那須白河GC、6961ヤード、パー72)

岩田寛(暫定1位タイ、8バーディ、ノーボギーの64、通算10アンダー)
「パターがよかったです。結構チャンスについて、入ってくれました。今日は和気あいあいとした雰囲気で回れたのがよかったです。明日はペリングが変わってしまうので、明日の人がダメというわけではないけれど、キャディとこういう雰囲気を作れれば。明日は迷いながら打ってしまうという悪いクセが出ないようにしたいです」

永野竜太郎(暫定1位タイ、6バーディ、ノーボギーの66、通算10アンダー)
「ショットはそんなによくなかった。ボギーを打たないように心がけました。ピンチは昨日も今日もいっぱいあった。今シーズン、予選はずっと通っていたけれど、下のほうだったので、去年からなかなか成績が出なくてモヤモヤしていました。セガサミーで最終組で回ったときは、リラックスできていて落ち着いていた。シードを取れたのが大きくて、去年より余裕があり、落ち着いてやれている気がします」

タンヤコン・クロンパ(暫定1位タイ、9バーディ、2ボギーの65、通算10アンダー)
「今日はショットの調子がよく、前半は6連続バーディもありました。18番、9番の二つのボギーはともに3パットだった。今週から使いだしたボール(スリクソンZ-STARシリーズ・プロトタイプ)がいい感じです。フェアウエーが柔らかくランが出ないので距離は比較できないが、打感が柔らかくスピンも効くので大変気に入ってます。夏が好きなので、母国タイと同じような暑さになるので調子もいい。明日はベストを尽くしたい」

宮本勝昌(暫定8位タイ、9バーディ、ノーボギーの63、通算7アンダー)
「朝のスタートは涼しかったので、今日は楽かなと思っていたらとんでもなかった。暑さでぼーっとしてしまったり、しんどかったです。内容もよく思い出せないのですがよかったんだろうと思います。いいところへついて、ラッキーもあって、うまくいきました。昨日は2オーバーで今日は9アンダー。何が違うんでしょうね。そんなに何かが変わったということもないのですが……。明日は、最初の優勝者というのは気持ちがいいので、頑張ってやろうと思います」

このラウンドのニュース

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ