トップ杯東海クラシック

国内男子

【中間速報】前半が終了し、藤本佳則が単独首位に浮上!

リーダーズボード

順位 選手名 スコア 合計
1 藤本 佳則 -4 -7
2 小田 孔明 -5 -6
3T 増田 伸洋 -4 -5
3T 趙 珉珪 -2 -5
3T 近藤 智弘 -4 -5
3T キム・ヒョンソン -2 -5
3T S・H・キム +1 -5
8T 谷原 秀人 -2 -4
8T 小田 龍一 -2 -4
10T 細川 和彦 -2 -3
トップ杯東海クラシック(10月2日~5日、愛知県・三好CC西C、7315ヤード、パー72)

 大会2日目。全選手が前半を終了し、藤本佳則が10番を終えて通算7アンダーの単独首位に立った。2打差の通算5アンダー暫定2位には68でホールアウトした増田伸洋ら3人。小田孔明、近藤共弘ら4人が4アンダーの暫定5位タイに並んでいる。

 藤本佳則は2番、3番の連続バーディでスタート。4番をボギーとしたもののすぐに5番バーディで戻すと、7番、9番と前半で4つスコアを伸ばし、10番を終えた時点で通算7アンダーの単独首位に立っている。

 この日5バーディ、1ボギーの68で回った増田伸洋が通算5アンダーと伸ばし、前半を終えたS・H・キム、1ホール残している趙 珉珪と並んで暫定2位につけている。

 通算4アンダーの暫定5位タイには、69で回ったハン・リー、12番を終えた小田孔明、13番を終えた金 亨成、14番を終えた近藤共弘の4人が並んでいる。

 首位でスタートした金 聖潤は3連続ボギーをたたくなど、前半を終えて通算3アンダーの暫定9位タイ。谷原秀人も11番を終えて同じく通算3アンダーの暫定9位タイ。

 ホストプロの上井邦裕は15番を終えて二つスコアを落として通算2アンダーの暫定14位タイに後退。藤田寛之と池田勇太はともに13番を終えてイーブンパーの暫定26位タイに並んでいる。

このラウンドのニュース

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ