長嶋茂雄 INVITATIONAL セガサミーカップゴルフトーナメント

国内男子

石川遼が2打差の3位に浮上! 松山英樹は23位タイ

通算6アンダーで首位に2打差の3位に浮上した石川遼 長嶋茂雄 INVITATIONAL セガサミーカップ(2014)(3日目) 写真・佐々木啓
通算6アンダーで首位に2打差の3位に浮上した石川遼 長嶋茂雄 INVITATIONAL セガサミーカップ(2014)(3日目) 写真・佐々木啓

リーダーズボード

順位 選手名 スコア 合計
1 小田 孔明 -2 -8
2 山下 和宏 -1 -7
3 石川 遼 -4 -6
4T ハン・リー -1 -5
4T 藤本 佳則 +1 -5
6T ブラッド・ケネディ -4 -3
6T 平塚 哲二 -1 -3
8T プラヤド・マークセン -4 -2
8T 片岡 大育 -1 -2
8T スコット・ストレンジ E -2
長嶋茂雄 INVITATIONAL セガサミーカップ(7月3~6日、北海道・ザ・ノースカントリーGC、7127ヤード、パー72)

 大会3日目、石川遼は5バーディ、1ボギーの67で回り通算6アンダーの3位に浮上。松山英樹は3日続けて71のイーブンパーで23位タイ。首位は小田孔明の8アンダー。

 石川遼は2アンダーの11位からスタートし、前半を2バーディ、ノーボギーで二つ伸ばすと、後半は11番で初のボギーをたたいたが、15番をバーディ、最後の17、18番を連続バーディとするなど、5バーディ、1ボギーの67、4つ伸ばして通算6アンダー、首位に2打差の3位に浮上した。

 一方の松山英樹は、前半は5番、8番の二つのボギーで後退したが、後半は10番、13番と2バーディを奪って取り戻し、初日から3日間続けて71のイーブンパー、順位は23位タイと一つ落とした。

 首位タイスタートの小田孔明が、4バーディ、2ボギーの69、通算8アンダーで単独首位に立った。同じ首位タイの3人、山下和宏は1アンダーで回り、通算7アンダーで2位、藤本佳則は通算5アンダーで4位タイに、黄重坤は75と崩れ、通算2アンダーの8位タイに後退した。

 5アンダーの5位からスタートした谷口徹は、3バーディ、6ボギー、1ダブルボギーの76、5つスコアを落として通算イーブンパーの23位タイに大きく後退した。ディフェンディングチャンピオンの薗田峻輔は、通算1アンダーの13位タイにつけている。

主な選手のコメント

山下和宏(2位、1バーディ、ノーボギーの70、通算7アンダー)
「アンダーパーで回れたのは非常にうれしいですけど、バーディが1個だけという寂しい結果で……。ショットは初日が絶好調でそこから下降線をたどってますけど、それでも今までの平均以上は保たれています。最終日は(石川)遼くんと(小田)孔明と一緒になるんでしょうけど、楽しみですね。このまま自分のペースを守ってやって、明日もアンダーパーで回りたいです」

藤本佳則(4位タイ、2バーディ、3ボギーの72、通算5アンダー)
「今日はうまくかみ合わなかったですね。まあこういう日もあるでしょう。ショット自体は悪い感じじゃないんですけどね。あとは流れとかみ合わせだけ。(最終日は)上とはまだ3打差だけど、どうなるんですかねえ……(笑)。自分にももう一度チャンスがあればね」

このラウンドのニュース

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング