長嶋茂雄 INVITATIONAL セガサミーカップゴルフトーナメント

国内男子

小田孔明、ロングパットの秘訣は簡単なラインを残すこと

ロングパットが決まったのが好スコアにつながったという小田孔明 長嶋茂雄 INVITATIONAL セガサミーカップ(2014)(2日目) 写真・佐々木啓
ロングパットが決まったのが好スコアにつながったという小田孔明 長嶋茂雄 INVITATIONAL セガサミーカップ(2014)(2日目) 写真・佐々木啓

リーダーズボード

順位 選手名 スコア 合計
1T 黄 重坤 -3 -6
1T 藤本 佳則 -2 -6
1T 小田 孔明 -4 -6
1T 山下 和宏 -2 -6
5 谷口 徹 -3 -5
6T キム・キョンテ -2 -4
6T ハン・リー E -4
8T 市原 弘大 -3 -3
8T デービッド・オー +3 -3
8T 正岡 竜二 +1 -3
長嶋茂雄 INVITATIONAL セガサミーカップ(7月3~6日、北海道・ザ・ノースカントリーGC、7127ヤード、パー72)

 現在、賞金ランキング2位につけている小田孔明が、5バーディ、1ボギーでこの日ベストスコアとなる67をマーク。通算6アンダーでついに首位タイに躍り出た。

「正直ティショットはよくなかったんですけど、セカンドショットでしのぎましたね」

 と笑顔を見せる小田。圧巻だったのが、最終18番ホールで約13ヤードあったグリーン外からのパッティングだ。ボールは完全にカップの右に外れたのかと思いきや、ありえないぐらいの曲線を描き、きれいにカップの中に消えていった。

「ピンの右に打ち出せば寄るかなと思った程度で、狙ってなんかいませんよ。ボクも外れたと思いましたが、風に押されたんですかね(笑)」

 実は、3番パー5でも10メートルのバーディパットを沈めている。

「昨日も15メートルぐらい入れましたかね。ロングパットが入ってくれているのも好スコアの要因ですね」

 そこで、本人にロングパットを打つときの心構えを聞いてみた。

「第一に難しいラインを残さないようにすることです。どんなに短くても下りのスライスラインが残ると嫌だし、3パットの可能性も出てきます。いかに簡単なラインを残すかが重要であり、よほど上りの真っすぐなライン以外では狙いにいきませんよ」

 グリーンを外してのボギーなら納得できるが、3パットのように、グリーンをとらえてのボギーは精神的にかなり凹むという。その結果、プレーの流れを止めることにつながり、結果的にスコアも伸びないというのが、小田の考えだ。

「特に、こういったバーディの出にくいコースでは、3パットは禁物です」

 同組でラウンドした石川は、バーディスタートを切りながら、2番パー3で3パットをしてから、リズムが悪くなったが、まさに小田理論どおりだといえる。

「この試合は優勝賞金も高いし、しっかり稼いでおきたい」

 という小田。この2日間、3パットはゼロだが、当然、残り2日間も3パットを避けまくるつもりだ。

文・山西英希

このラウンドのニュース

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ