長嶋茂雄 INVITATIONAL セガサミーカップゴルフトーナメント

国内男子

松山英樹、思うようなプレーができなかった

たくさんの声援に応えられるプレーができなかったという松山英樹 長嶋茂雄 INVITATIONAL セガサミーカップ(2014)(1日目) 写真・佐々木啓
たくさんの声援に応えられるプレーができなかったという松山英樹 長嶋茂雄 INVITATIONAL セガサミーカップ(2014)(1日目) 写真・佐々木啓

リーダーズボード

順位 選手名 スコア 合計
1 デービッド・オー -6 -6
2T 正岡 竜二 -4 -4
2T 山下 和宏 -4 -4
2T ハン・リー -4 -4
2T 佐藤 圭介 -4 -4
2T 藤本 佳則 -4 -4
7T 辻村 暢大 -3 -3
7T スコット・ストレンジ -3 -3
7T 塚田 陽亮 -3 -3
7T 黄 重坤 -3 -3
長嶋茂雄 INVITATIONAL セガサミーカップ(7月3~6日、北海道・ザ・ノースカントリーGC、7127ヤード、パー72)

 米ツアー組の松山英樹と石川遼の二人がそろい踏みの今大会。昨年の初日の2倍近い4147人のギャラリーが詰めかけた。米ツアーで初優勝を遂げて凱旋出場となった松山のプレーを大勢のギャラリーが見守った。

 10番からスタートした松山は、12番、16番、17番と3つのボギー先行。18番(パー5)で2オンに成功してバーディを奪うと、後半のアウトで3番(パー5)、6番(パー4)でバーディを奪ってイーブンパーに戻し、初日は39位タイで終えた。

「ティショットは完璧に近いいいショットが多かったですけど、全体的にバーディチャンスにつけられず、入れられる距離にはついても決めきれなかったです。アンダーパーで回りたかったですが、思うようなプレーができずに、この内容では仕方がないです」

 ドライビングディスタンスは2位(323.5ヤード)、フェアウエーキープ率は14位タイ(71.43パーセント)で、二つを合わせたトータルドライビングは1位をマーク。パーオン率も77.78パーセントの7位タイと悪くなかったが、思ったようなショットが打てなかった。6番のバーディは右セミラフからピン手前2メートルほどにつけて奪ったが、松山は打った瞬間に感触が悪そうな仕草を見せ、納得のいくショットではなかった。

「(久しぶりの日本ツアーで)たくさんの声援はうれしかったですし、それに応えられるプレーができませんでした。明日から期待に応えられるようなプレーお見せしたいです。ドライバーショットはいいので、明日も続けたい」

 昨年はファンに魅せるプレーを続けてきた松山が、ファンの期待に応えるべく残り3日で追い上げる。

文・小高拓

このラウンドのニュース

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング