長嶋茂雄 INVITATIONAL セガサミーカップゴルフトーナメント

国内男子

近藤共弘、昨年のリベンジを果たしてから全英OPに挑む

全英のイメージづくりで昨年のリベンジも果たす近藤共弘 長嶋茂雄 INVITATIONAL セガサミーカップ(2014)(1日目) 写真・佐々木啓
全英のイメージづくりで昨年のリベンジも果たす近藤共弘 長嶋茂雄 INVITATIONAL セガサミーカップ(2014)(1日目) 写真・佐々木啓

リーダーズボード

順位 選手名 スコア 合計
1 デービッド・オー -6 -6
2T 正岡 竜二 -4 -4
2T 山下 和宏 -4 -4
2T ハン・リー -4 -4
2T 佐藤 圭介 -4 -4
2T 藤本 佳則 -4 -4
7T 辻村 暢大 -3 -3
7T スコット・ストレンジ -3 -3
7T 塚田 陽亮 -3 -3
7T 黄 重坤 -3 -3
長嶋茂雄 INVITATIONAL セガサミーカップ(7月3~6日、北海道・ザ・ノースカントリーGC、7127ヤード、パー72)

 昨年、優勝した薗田俊輔に3打差の2位タイに終わった近藤共弘。あと一歩及ばなかったことに悔しい表情を見せていたが、そのリベンジを果たすには、首位と3打差の7位タイはまずまずのスタートだといえる。

「午後スタートのほうが難しかったですね。風も強くなってきたし、グリーンの芝も伸びて、目がきつくなりましたから。自分でも忍ぶ一日だと決めていただけに、アンダーパー
は上出来です」

 実は、今大会の翌々週に開催される全英オープンに出場が決まっている。3度目になるが、これまでいい成績を残していない分、今年こそ上位に食い込みたい気持ちは強い。その意味でも、芝質や風の強さ、グリーンがスコットランドと似ている開催コースのザ・ノースカントリーGCは、イメージづくりには打ってつけだろう。

「ショットを風にぶつけたり、グリーン上でもいい転がりをするようにしっかり打っていましたよ」

 と近藤。さらにいうなら、同組で回った松山英樹もメジャー級の選手だけに、スパーリングパートナーとして申し分ない。

「彼がプロになって初めて同組で回りましたが、調子が悪くても一発、一発のすごさが伝わってきましたね。自分とは馬力が違いますが、吸収できるものがあれば、ぜひさせてもらいたいです」

 と、2日目も同組の松山のプレーをじっくりと観察するつもりだ。もちろん、そのうえで優勝争いに絡むことも視界に入っている。

文・山西英希

このラウンドのニュース

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング