長嶋茂雄 INVITATIONAL セガサミーカップゴルフトーナメント

国内男子

石川遼、来季を見据えて1カ月の合宿で狙うものとは?

今季2度目の国内出場で、石川遼は観客を魅了するか? 長嶋茂雄 INVITATIONAL セガサミーカップ(2014)(事前情報) 写真・佐々木啓
今季2度目の国内出場で、石川遼は観客を魅了するか? 長嶋茂雄 INVITATIONAL セガサミーカップ(2014)(事前情報) 写真・佐々木啓
長嶋茂雄 INVITATIONAL セガサミーカップ(7月3~6日、北海道・ザ・ノースカントリーGC、7127ヤード、パー72)

 米ツアーを主戦場とする石川遼が、松山英樹とともに長嶋茂雄 INVITATIONAL セガサミーカップに出場する。日本ツアーはつるやオープン、中日クラウンズに続いて今季3戦目。

 この日のプロアマ大会で、初めてコースに姿を現して最終調整を行った。昨日の練習日にコースに来なかったのは理由がある。米ツアーはまだシーズン中であり、全英オープンの出場権をかけた試合もある。それでもトラベラーズ選手権(6月19~22日)を終えると帰国し、先週の木曜日から北海道入りして合宿を開始した。

「試合を続けることでスイングのバランスが崩れていました。米ツアーで優勝するために大前提となるショット力が必要ですが、上位にいくためのショットがありませんでした。じっくり時間を作って球を打ち、今のスイングの精度を高めるために、基礎となるスイングを身につけることが狙いです」

 トレーニングから始まり、ショット、アプローチ、パッティングの練習を中心に、朝の9時30分から19時までボールを打ち続け、1カ月に及ぶ合宿を予定している。

「今季は米ツアーのシード権を決めるために、今の技術をやりくりして結果を出すことを目標にしていました。そこは自分を認めてあげたいけど……」

 現在、フェデックスポイントランキング59位と、来季のシード権は手中に収めているが、それと同時に失っていたものがあった。

「予選を通れば日曜日まで試合をやって月曜日に移動して、火、水と試合のための調整を行います。それって向上していく要素がないんです。(米ツアーで優勝した松山)英樹を見ていると、自分の技術を高めるための向上心を持っています。そこが自分と違うと感じていました。だからうまくなるし、優勝しても驚きはありませんでした。自分も向上心を持ってゴルフをするための合宿だし、今は向上心を持っています。来シーズン優勝できるように考えていますし、今からワクワクしています」

 シード権を取ることには成功したが、その先の優勝に足りないものを松山の姿を見て気がついた。米ツアーの優勝を見据えて充実した時間を過ごせている。合宿を初めてまだ6日だが、この日のプロアマでは、ショットの成果は出始めている。

「今日の内容はすごくよかったです。まだ合宿の疲労が残っているのでアイアンの飛距離が半番手ぐらい飛んでいませんが、明日に備えて体調を整えたいです。明日からは1打1打に集中して、今のショットはメジャーでも通用するな、というのを多く打てればいいと思います。英樹が主役になると思いますが、自分も上位にいきたいです」

 新たなステップに進もうとする石川が、世界に通用するショットを見せ、松山とともに大会を盛り上げる。

文・小高拓

このトーナメントの事前情報

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ