東建ホームメイトカップ

国内男子

宮里優作 国内連勝に向け「優勝争いが楽しみ」

最終戦と国内開幕戦の2連勝のチャンスを迎えた宮里優作 東建ホームメイトカップ(2014)(3日目) 写真・佐々木啓
最終戦と国内開幕戦の2連勝のチャンスを迎えた宮里優作 東建ホームメイトカップ(2014)(3日目) 写真・佐々木啓

リーダーズボード

順位 選手名 スコア 合計
1 丸山 大輔 -2 -9
2T 宮里 優作 -3 -8
2T アダム・ブランド -3 -8
2T 高山 忠洋 -2 -8
2T 近藤 智弘 -6 -8
2T 岩田 寛 -4 -8
7 辻村 暢大 -3 -7
8T デービット・スメイル -1 -6
8T 星野 英正 -1 -6
8T 増田 伸洋 +1 -6
東建ホームメイトカップ(4月17~20日、三重県・東建多度CC・名古屋、7109ヤード、パー71)

 初優勝というハードルを越えた宮里優作が、最大瞬間風速14.9メートルの強風を攻略し、首位と1打差の通算8アンダー、2位タイに順位を上げた。

「去年は最終日に80打っちゃって。風の中でコントロールできませんでした。打ち方やボールも変えて、前は風の中だと気にしながらだったけど、今は少し楽しみも出てきました」

「沖縄出身は風に強い」と一般的には思われがちだが、沖縄を離れた高校時代から宮里の弾道は急激に高くなり、逆に風が苦手になった。オフはその苦手意識を払しょくするために、低い球や、押さえて打つ練習を重ねた。

「厳しいゴルフになるとは思っていましたが、最後まで気を抜かずにできてよかったです。コンディションが荒れている中でスコアを伸ばせたのは収穫です」

 そんな宮里のゴルフに対し、同組の谷口徹も「うまいなぁ~」と舌を巻いた。

「賞金王も取って19勝している人にいわれるとうれしいです。でも抜くには20勝必要です(笑)。賞金王なんて分かりません。僕は大穴ですから。とにかく目の前のショットに集中するだけです。明日はショットの精度が試されるので荒れてくれたらいいです」

 早々に巡ってきた2勝目のチャンスに自信をのぞかせた宮里。今週は自宅通勤で、気持ちの切り替えもうまくいっている。最終戦と国内開幕戦の2連勝はすぐ目の前。またしても劇的なドラマを演出することができるか? 

文・高桑均

このラウンドのニュース

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ