ブリヂストンオープンゴルフトーナメント

国内男子

丸山大輔が4年ぶりのツアー3勝目

通算10アンダーでツアー3勝目をマークした丸山大輔 ブリヂストンオープン(2013)(最終日) 写真・村上航
通算10アンダーでツアー3勝目をマークした丸山大輔 ブリヂストンオープン(2013)(最終日) 写真・村上航

リーダーズボード

順位 選手名 スコア 合計
1 丸山 大輔 -3 -10
2 I・J・ジャン -5 -7
3T 小田 孔明 -4 -6
3T 塚田 好宣 -4 -6
3T 平塚 哲二 -2 -6
3T カート・バーンズ -2 -6
7T ジェイ・チョイ -4 -5
7T S・J・パク -1 -5
7T 金 聖潤 -1 -5
7T 谷口 徹 +2 -5
ブリヂストンオープン(10月24~27日、千葉県・袖ケ浦カンツリークラブ 袖ケ浦コース、7119ヤード、パー71)

 好天に恵まれた27日の最終日、丸山大輔が7バーディ、4ボギーの68で回り、通算10アンダーで今季初勝利。2009年のアジアパシフィック パナソニックオープン以来となる、ツアー通算3勝目を飾った。

 トップタイからスタートした丸山は、ボギーとバーディを繰り返す出入りの激しいゴルフ。しかし、8番からの3連続バーディで、2打差をつけて単独トップに立つと、崩れていく谷口徹を尻目にスコアをキープし、そのまま逃げ切った。

 同じくトップタイから出た谷口は、前半こそスコアを一つ伸ばすも、後半に入ると2ボギー、1ダブルボギーとスコアを落とし、この日は73。通算5アンダーの7位タイに終わった。

 3打差の2位には、5バーディ、ノーボギーで、この日ベストスコアの66をマークしたI・J・ジャンが入り、さらに1打差の3位タイにK・バーンズ、塚田好宣、平塚哲二、小田孔明の4人が並んだ。

 なお、丸山はこの勝利で、来年度のWGC-ブリヂストンインビテーショナル(2014年7月31日~8月3日、ファイアーストーンCCサウスC)の出場権を獲得。また、賞金加算は規定により75パーセントとなるが、主催者の厚意により、賞金は100パーセント支払われることとなった。

このラウンドのニュース

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ