TOSHIN GOLF TOURNAMENT IN Central

国内男子

藤本佳則が逃げ切りでツアー2勝目

ツアー通算2勝目を飾った藤本佳則 TOSHIN GOLF TOURNAMENT IN Central(2013)(最終日) 写真・鈴木健夫
ツアー通算2勝目を飾った藤本佳則 TOSHIN GOLF TOURNAMENT IN Central(2013)(最終日) 写真・鈴木健夫

リーダーズボード

順位 選手名 スコア 合計
1 藤本 佳則 -5 -24
2 小田 孔明 -3 -20
3T 呉 阿順 -9 -19
3T 塚田 陽亮 -5 -19
5T 川村 昌弘 -6 -18
5T 薗田 峻輔 -6 -18
7T 今野 康晴 -6 -17
7T キム・キョンテ -5 -17
7T 河野 祐輝 -4 -17
10T 池田 勇太 -4 -16
TOSHIN GOLF TOURNAMENT IN Central(10月10~13日、岐阜県・TOSHIN GC Central C、7004ヤード、パー72)

 最終日が行われ、19アンダーの単独首位からスタートした藤本佳則が7バーディ2ボギーの67でラウンドし、トータル24アンダー、2位の小田孔明に4打差をつけ、昨年の日本ゴルフツアー選手権 Citibank Cup Shishido Hills以来のツアー通算2勝目を挙げた。

 スタート時と同じ2打差で迎えた、1オンが狙える16番(パー4)。ティショットを左に曲げた小田は、2オンにも失敗し痛恨のボギー。グリーン手前のラフからの2打目をややオーバーしたものの、カラーから2パットでパーセーブした藤本と3打差がつき、ここで事実上の勝敗は決した。

 初日10アンダーで首位に立つが、3日目に75を叩き失速したディフェンディングチャンピオンの呉阿順が、この日ベストスコアとなる63でラウンドしてトータル19アンダーとし再び順位を上げ、塚田陽亮と並ぶ3位タイ。

 6打差18アンダーの5位タイに川村昌弘、薗田峻輔。さらに1打差の7位タイに今野康晴、金庚泰、河野祐輝。

 4試合ぶりの決勝ラウンドとなった池田勇太は、18番ホール(パー5)のティショットがOBとなりダブルボギー、トータル16アンダーの10位タイで大会を終えた。


主な選手のコメント

小田孔明(1イーグル、4バーディ、3ボギー、69、3アンダー、通算20アンダー、2位)
「とりあえず2位は確保(笑)。(9番のイーグルなど)見せ場はあったけれど、バーディの後にボギーを打ったり、自滅した形でした。負けたけれど、次につながったかな。プレーが悪いなりに、アンダーパーでプレーができたことは大きかった」


呉阿順(1イーグル、8バーディ、1ボギー、63、9アンダー、通算19アンダー、3位タイ)
「昨日は75だったけれど、僕のスコアが悪かったというよりリーダーの人たちのスコアがよかっただけ。今日は非常にいいプレーができました。昨日のことは、風とともに去りぬ、じゃないけど、もう忘れました(笑)」

長谷川祥平さん(5バーディ、3ボギー、70、2アンダー、通算11アンダー、30位タイ、ベストアマチュア)
「4日間通してパッティングが安定していました。ティショットがフェアウエーに行けば、もっとチャンスを作れたと思います。ツアーにはこれまで3戦に出て、予選突破は2回目。欲をいえばもっと上に行きたかったけれど、全体的にうまくいったと思います。来週の日本オープンにも出るので、ローアマを狙います」

このラウンドのニュース

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ