TOSHIN GOLF TOURNAMENT IN Central

国内男子

河野祐輝 パットのラインを「浅く」が奏功

ショートパットを外し天を仰ぐ河野祐輝 TOSHIN GOLF TOURNAMENT IN Central(2013)(3日目)
ショートパットを外し天を仰ぐ河野祐輝 TOSHIN GOLF TOURNAMENT IN Central(2013)(3日目)

リーダーズボード

順位 選手名 スコア 合計
1 藤本 佳則 -2 -19
2 小田 孔明 -2 -17
3T 塚田 陽亮 -4 -14
3T 貞方 章男 -4 -14
3T カート・バーンズ -2 -14
6T 河野 祐輝 -7 -13
6T 平塚 哲二 -6 -13
6T 松村 道央 -5 -13
6T ホ・インヘ -4 -13
10T 池田 勇太 -5 -12
TOSHIN GOLF TOURNAMENT IN Central(10月10~13日、岐阜県・TOSHIN GC Central C、7004ヤード、パー72)

上位陣が伸び悩む中、この日ベストスコアの65、通算13アンダーで6位タイに浮上した河野祐輝。

「ここ最近は決勝ラウンドでいいプレーができていなかったですけど、今日はリズムよくできました」

 と、会心のラウンドに笑みがこぼれた。アウトで4つスコアを伸ばして勢いに乗るかと思われたが、インに入ると11番(パー3)で2メートルのバーディパットを、そして12番(パー4)で1.5メートルのパーパットを外してから、ラインの読みを少し変えたという。

「それまでは、大きめのラインで読んでいましたが、ここから浅めにシフトしました。そうしたら、出だしの球の回転が強くなって、イメージどおりのパッティングができるようになりました」

 続く13番では2メートルのバーディパットを沈め、流れに乗った河野は、その後15、17、18番と上がり4ホールで3つスコアを伸ばし、トップも見える位置につけた。7月の長嶋茂雄 INVITATIONAL セガサミーカップでは最終日に66と追い上げて2位タイに入っており、バーディ合戦は得意としている。

「これまでの“イケイケ”ではなく、自分のペースでプレーします。そしてどんな結果だろうと受け入れます」

 このショートパットのタッチを維持すれば、河野は明日の優勝争いに絡んでくるかもしれない。

文・石原健司

このラウンドのニュース

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ