TOSHIN GOLF TOURNAMENT IN Central

国内男子

超新星! 17歳の鍋谷太一が好発進!

17歳プロ、鍋谷太一が好発進 TOSHIN GOLF TOURNAMENT IN Central(2013)(1日目) 写真・鈴木健夫
17歳プロ、鍋谷太一が好発進 TOSHIN GOLF TOURNAMENT IN Central(2013)(1日目) 写真・鈴木健夫

リーダーズボード

順位 選手名 スコア 合計
1 呉 阿順 -10 -10
2 藤本 佳則 -9 -9
3T 小平 智 -8 -8
3T 手嶋 多一 -8 -8
3T 小田 孔明 -8 -8
3T 李 尚熹 -8 -8
7T 鍋谷 太一 -7 -7
7T 浅地 洋佑 -7 -7
7T 上平 栄道 -7 -7
7T 小林 正則 -7 -7
TOSHIN GOLF TOURNAMENT IN Central(10月10~13日、岐阜県・TOSHIN GC Central C、7004ヤード、パー72)

 マンデートーナメントを通過し、2週連続で本戦出場となったアマチュアの岡崎錬さんが1番ティからトップでスタート。そのティショットを追うために、多くの報道陣がカメラを構えて見守っていた。しかしそれから約5時間後、今度は10番からのトップスタートグループに注目することとなった。

 17歳の高校2年生プロ・鍋谷(なべたに)太一が、17ホール目となる8番終了時で5アンダーとし、メディアたちをざわつかせる。9番グリーンの周りには、トッププレーヤーを撮影するほどの多くのカメラが詰めかけ身構えていたが、そのプレッシャーを楽しむかのようにイーグルパットを沈め、こん身のガッツポーズ。

「あんなにカメラがくるとは思わなくてびっくりしましたが、注目されてうれしい」

 快活な関西弁で記者会見の場を明るくさせる鍋谷は、昨年9月にプロ転向。同年の日本オープンでは、16歳3カ月22日と、日本人では最年少出場を果たしている。今季はチャレンジツアーに挑戦しており、レギュラーツアーは初出場となったが、

「緊張はあったけれど調子がよかったので、ラウンドしていくうちに“もしかしたら”という気持ちになった」

 と、流れに乗って7位タイ発進。並み居る歴戦の先輩プロ相手に、堂々の好発進だ。

 鍋谷は8歳から父親であるティーチングプロの忠治さんに指導を受け始め、関西ジュニア、フジサンケイジュニア、ロレックスジュニアチャンピオンシップなどで優勝。得意クラブは3番アイアンと、久しぶりに見る硬派なゴルファーだ。

「明日も目の前の一打に集中していきたい」

 まぶしいばかりに目をキラキラさせながら抱負を述べた鍋谷。メンタル面も父親の指導により確立されてきているだけに、翌日以降もこの調子を維持できそうだ。新星がいきなり大仕事をやってのけるのか!?

文・石原健司

このラウンドのニュース

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ