コカ・コーラ東海クラシック

国内男子

宮里優作 今週はしぶとく!

2打差から初優勝を目指す宮里優作 コカ・コーラ東海クラシック(2013)(3日目) 写真・鈴木祥
2打差から初優勝を目指す宮里優作 コカ・コーラ東海クラシック(2013)(3日目) 写真・鈴木祥

リーダーズボード

順位 選手名 スコア 合計
1 武藤 俊憲 -3 -6
2T 冨山 聡 -3 -4
2T 宮里 優作 E -4
4T 近藤 智弘 -2 -3
4T 平塚 哲二 -2 -3
4T 小平 智 -2 -3
7T 上平 栄道 -5 -2
7T 片山 晋呉 -8 -2
7T 星野 英正 -2 -2
7T 塚田 陽亮 +1 -2
コカ・コーラ東海クラシック(10月3~6日、愛知県・三好CC、7310ヤード、パー72)

 2日間守った1位の座は明け渡したものの、トップに2打差で最終日を迎える宮里優作。

「18番でバーディを取ることができたのは大きいです。ただ、全体的に見るとティショットが安定せずに、ピンを狙うことができず苦しかったですね」

 ただ、最終日をこの位置で迎えることには満足している。

「3日間、マネジメントができています。トップは6アンダーですが、3アンダーまで優勝のチャンスはあると思います。その中で自分も優勝を狙って頑張りたいです。コンパクトスイングを心がけてプレーしたいと思います」

 宮里が18番で3メートルのバーディパットを決め、4アンダーになったのを受けて武藤がつぶやいた。

「優作もしぶとくなりましたね。大人になったかな」

 それを伝え聞いた宮里は、

「2打差は、相手にいいプレーをされたら自分が苦しい立場になります。でも、今週の自分はしぶといですよ!」

 9時50分スタートの武藤、宮里、冨山聡の最終組。歴代チャンピオンの武藤、ツアー初優勝を狙う宮里、冨山。見応え十分になりそうだ。

文・井上兼行

このラウンドのニュース

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ