日本プロゴルフ選手権大会 日清カップヌードル杯

国内男子

森静雄PGA会長「ベテランと若手が融合した大会」

PGA森会長と金亨成
PGA森会長と金亨成

リーダーズボード

順位 選手名 スコア 合計
1 キム・ヒョンソン -6 -5
2T 藤本 佳則 -3 -4
2T 藤田 寛之 -2 -4
2T 松山 英樹 +4 -4
5 小平 智 +1 -2
6T 宮里 優作 -3 -1
6T 谷口 徹 E -1
8T 金 聖潤 E E
8T プラヤド・マークセン E E
8T 河野 祐輝 +4 E

第81回 日本プロゴルフ選手権 日清カップヌードル杯(5月16~19日、千葉県・総武CC総武C、7327ヤード、パー71)も4日間の競技を終え、松山英樹と9打差のビハインドがあった金亨成が大逆転で優勝を果たすなど、非常にドラマチックな展開となった。

「コースセッティングが難しかったということもあり、どのようなスコアになるのか注目しいていたが、予想どおり混戦になった」

と語るのは、日本プロゴルフ協会の森静雄会長だ。

「3日目を終えて松山英樹が4打差で首位に立ったとき、最終日は10アンダーで決着するような雰囲気でした。けれど、このような結果になるとは私も予想しなかった」

と、何が起こるか分からないメジャーの展開に、森会長も驚いていた。また、

「藤田寛之、谷口徹などベテラン勢は、厳しい条件になるといぶし銀のごとく力を発揮してくる。かたや小平智ら若手はドライバーの飛距離が出るし、正確性もある。まさにベテランと若手が融合した大会だった」

と、4日間の激闘を振り返った。

「最終日の15番の松山のロングパットは、ギャラリーやテレビでご覧になっている皆さんも興奮したと思います。今後も“最古のメジャー”にふさわしい試合で、多くのギャラリーの方に会場へ足を運んでいただければ」(森会長)

来年の同大会は兵庫県・ゴールデンバレーGCで開催される。今年は“ルーキー・松山”フィーバーが起こったが、来年はこれ以上の盛り上がりを大いに期待したい。

文・石原健司

このラウンドのニュース

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ