日本プロゴルフ選手権大会 日清カップヌードル杯

国内男子

小平智 攻めと守りのメリハリをつけて臨む最終日

小平智 日本プロゴルフ選手権大会 日清カップヌードル杯(2013)(3日目)
小平智 日本プロゴルフ選手権大会 日清カップヌードル杯(2013)(3日目)

リーダーズボード

順位 選手名 スコア 合計
1 松山 英樹 -4 -8
2 河野 祐輝 -2 -4
3 小平 智 +3 -3
4 藤田 寛之 -4 -2
5T 平塚 哲二 -2 -1
5T 谷口 徹 -2 -1
5T 白 佳和 -2 -1
5T ディネッシュ・チャンド +1 -1
5T 藤本 佳則 +7 -1
10T ポール・シーハン +1 E

3日目は同学年の藤本佳則とラウンド。そして、最終日は最終組でジュニア時代やナショナルチームで共にした松山英樹とプレーすることになった小平智。ホールアウト後、松山とがっちりと握手をした姿が印象的だった。


「勢いがある選手なので、その勢いに負けないようにしたいですね」


本当ならもっと差を詰めて戦いたかった。風速4.8メートル/秒と常時風が吹くコンディションの中、3番でボギーが先行したが、8、9番を連続バーディ。難しいセッティング、コンディションの中、耐えることが絶対条件だっただけに、前半はもくろみどおりだった。ただ、バック9はダブルボギーなどで74。3日目にして初めてオーバーパーとした。


「本当に耐えないといけないセッティングです。でも、耐えるのは本当に難しいこと。4つのパー3すべてでボギーとしたことは悔しいですし、本当にもったいないことです。流れが少しでも悪くなると耐えられなくなります……」


ただ、ギリギリ耐えた結果がトップと5打差の3位タイにつながっている。


「最終日は、さらに耐えることが必要です。でも、その中で攻めるとき、守るときのメリハリをつけることが大切。松山も河野さんもジュニア時代から知っている選手。頑張ります」


小平の魅力はドライバーの飛距離。今大会3日間の平均は300.17ヤードで、ドライビングディスタンスの順位は2位だ。狭いフェアウエーに加え、風もあることからティショットでドライバーを使わない選手も多いが、自分の武器を最大限に生かしている。武器と耐える力。何が起こるか分からないメジャーの最終日、5打差は射程圏内だ。

文・井上兼行、写真・鈴木祥

このラウンドのニュース

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ