日本プロゴルフ選手権大会 日清カップヌードル杯

国内男子

松山英樹 「まずはスコアを作ることが大切」

ノーボギーでトップに1打差の2位タイで初日をスタートした松山英樹
ノーボギーでトップに1打差の2位タイで初日をスタートした松山英樹

リーダーズボード

順位 選手名 スコア 合計
1 呉 阿順 -5 -5
2T 小平 智 -4 -4
2T 松山 英樹 -4 -4
2T 深堀 圭一郎 -4 -4
2T S・J・パク -4 -4
6T 宮里 優作 -3 -3
6T 武藤 俊憲 -3 -3
8T I・J・ジャン -2 -2
8T 河野 祐輝 -2 -2
8T キム・ヒョンソン -2 -2

10番スタートの松山英樹。スタートホールからピンチだった。ティショットは左ラフ。セカンドも花道左ラフでパーオンならず。アプローチもピタリとはいかず、3メートルのパーパットが残った。

「アプローチがあんなにオーバーするとは思わなかったです」

メジャーのセッティングの特徴である硬いグリーン。思うように寄らず残った長めのパーパットだったが、スムーズにアドレスに入り沈める。このスムーズさを生み出した一つがショットのよさだった。

「スタートホールでパーを取れたことで落ち着きました。実は、スタート前の練習場で思ったようなショットを全然打てることができずに不安だったんです。でも、曲がりはしましたが、コースに行ったらすごく感触がよくてビックリ。コースでショットがよかったこと、パーでスタートできたことはラッキーでしたよ(笑)」

14ホール中、ドライバーでティショットを打ったのは半分の7ホール。

「セッティングやピン位置からみても、手前からいくことを考えなくてはいけませんでした。ですから、3番ウッドやユーティリティークラブで打ちました。それでも、曲がっていましたけどね(笑)。低い球も打ちましたが、それは真っすぐ飛ばないので低く打っただけですよ」

ショットの出来には満足はいっていないが、4アンダーのラウンドよりも喜んだものがある。

「まずはノーボギーでプレーできたことはうれしかったです。トップに1打差の2位タイで初日をスタートできましたから、この順位を落とさないようにして決勝ラウンドに進みたいです。ショットはしっくりきていませんが、まずはスコアを作ることが大切。ショットがダメだなんていっていられませんからね。それにしてもスタート前は全然当たらなかったけど、コースでよかったのはよかったです」

大器といわれ、今年プロ入りして2戦目のつるやオープンで早々と優勝。調子が悪いといいながらも、しっかりと2位タイで上がってくるのは、”すべての試合で優勝を目指す”という松山の強い信念の一つの表れだ。メジャーの週末が早くも楽しみになってきた。

文・井上兼行、写真・鈴木祥

このラウンドのニュース

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ