日本プロゴルフ選手権大会 日清カップヌードル杯

国内男子

公式ドライビングディスタンスは金度勲が飛ばし屋ナンバー1に

ドライビングディスタンス1位の金度勲
ドライビングディスタンス1位の金度勲

リーダーズボード

順位 選手名 スコア 合計
1 キム・ヒョンソン -6 -5
2T 藤本 佳則 -3 -4
2T 藤田 寛之 -2 -4
2T 松山 英樹 +4 -4
5 小平 智 +1 -2
6T 宮里 優作 -3 -1
6T 谷口 徹 E -1
8T 金 聖潤 E E
8T プラヤド・マークセン E E
8T 河野 祐輝 +4 E

昨日まで開催された日本プロゴルフ選手権 日清カップヌードル杯(5月16~19日、千葉県・総武CC総武C、7327ヤード・パー71)。本大会では、4日間を通して公式ドライビングディスタンスの計測が行われた。使用ホールは、1番パー4と10番パー4の2ホールで、それぞれのホールの飛距離が計測された。


4日間・8ホールの平均飛距離で、男子プロ飛ばし屋ナンバー1の称号を手にしたのは、2010年から日本ツアーに参戦している金度勲。2日目の10番で324ヤードをたたき出すなど、8回の計測で300ヤード越えが6回。4日間の平均は304.13を記録した。2位には今大会で5位に入った小平智がランクイン。


4日間トータルのトップ10は以下の通り。


順位選手名総平均
1金 度勲304.13
2小平 智301.13
3黄 重坤297.75
4秋吉翔太297.5
5S・J・パク295.88
6宮里優作295.38
7B・ジョーンズ292.5
8小林正則292
9D・チャンド291.38
10矢野 東291.13
(距離:ヤード)

このラウンドのニュース

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ