中日クラウンズ

国内男子

72歳の石田弘二さん「堪能しました」

「コースコンディションは100点満点。堪能しました」と石田弘二さん
「コースコンディションは100点満点。堪能しました」と石田弘二さん

リーダーズボード

順位 選手名 スコア 合計
1 松山 英樹 -3 -1
2 片山 晋呉 -2 E
3 B・ケネディ E +1
3 S・K・ホ -1 +1
5 松村 道央 +1 +2
6T 上井 邦裕 +1 +3
6T I・J・ジャン +1 +3
6T 久保谷 健一 -1 +3
6T 貞方 章男 +2 +3
10T 近藤 智弘 +5 +4

中日クラウンズは毎年、開催コースの名古屋GC和合Cの前年のクラブチャンピオンが有資格となるが、昨年はベテランの石田弘二さんが5年ぶり15度目の制覇。19回目の本戦出場を果たした。石田さんは御年72歳5カ月。杉原輝雄の72歳10カ月に次ぐ、大会史上2番目の年長出場となった。

親交のある高須クリニック院長の高須克弥さんをキャディに従えて、予選2日間を戦い抜いた。

普段は庭の和合だが、トーナメント仕様の硬いグリーンに苦しめられ、2日間で46オーバー。予選落ちに終わった。

それでも2日目は、1、2番ホールをパー発進。17、18番もパーで締めくくり、地元の大ギャラリーから大歓声を浴びた。

「何回出ても、しびれる大会。アマチュアのおじいさんには難しかったけど、コースコンディションは100点満点。堪能しました」 と笑顔でコースをあとにした。

文・保井友秀、写真・村上航

このラウンドのニュース

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング