中日クラウンズ

国内男子

偉大な父・将司に長男・智春がエールを送る

偉大な父・尾崎将司に長男の・智春(左)がエール
偉大な父・尾崎将司に長男の・智春(左)がエール

先週のつるやオープン初日に62で回り、エージシュートを達成した尾崎将司。今週の中日クラウンズは6545ヤード(パー70)と短く、過去5勝を挙げる得意コースだ。2週連続のエージシュートに期待がかかる。

大会前日のプロアマ戦は、風が強くコース難度を上げたが、明日も風が強くなる予報だ。

「いいコンディションならバーディをとって気持ちも前にいくが、コンディションが悪くなったらお手上げだよ。コンディションが良ければ(エージシュートは)出やすいけど、風が吹いたらだめだよ。弱気のオザキ」

先週に引き続きショットの調子は良さそうだが、悪コンディションが大敵となりそうだ。

そんな尾崎はプロアマでも大勢のギャラリーを引き連れていたが、その中に長男・智春さんの姿があった。ジュニア時代から活躍し、将来を嘱望された智春さんだが、成績を出せずに競技から足を洗った。ジャパン・スポーツ・マーケティング(JSM)の社員として、ジャンボ軍団のマネージャーとして活躍している。

「向いていないことを長く続けていてもね。満員電車に乗って通勤したり、パソコンの勉強をしてサラリーマンをやっていますよ」(智春さん)

父・ジャンボの快挙は電車での移動中に速報を見て、最終結果は電話連絡で知った。

「びっくりしましたよ。終盤にバーディやイーグルをとって。本当にすごいですよ」

週末は子供の野球のため、しっかりプレーを見られてはいない。中日クラウンズに足を運んで、久しぶりにプレーを見た。

「すごくいい球を打っていますし、アプローチの技術とかも相変わらずです。62というスコアもうなずけます。やっぱり、他の人とはモノが違いますよ。体が万全ではないのが心配ですが、まだまだやれます。あれだけゴルフ界が盛り上がったのだから、また活躍を期待したいですね」

あらためて父の偉大さを感じるとともに、日本ゴルフ界の宝にエールを送った。

文・小高拓、写真・村上航

このトーナメントの事前情報

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ