つるやオープンゴルフトーナメント

国内男子

松山英樹 パットのミスを減らせばまだまだ伸びる

「パッティングをもうちょっと調整したい」と話す松山英樹 つるやオープンゴルフトーナメント(2013)(2日目)
「パッティングをもうちょっと調整したい」と話す松山英樹 つるやオープンゴルフトーナメント(2013)(2日目)

リーダーズボード

順位 選手名 スコア 合計
1 李 泰熙 -6 -11
2 松山 英樹 -8 -10
3 岩田 寛 -7 -9
4T 尾崎 将司 +1 -8
4T 李 丞鎬 -3 -8
4T ジュビック・パグンサン -3 -8
7T I・J・ジャン -2 -7
7T 市原 弘大 -1 -7
7T 横田 真一 -3 -7
7T S・H・キム -5 -7

プロ転向2戦目の松山英樹が本領発揮だ。

つるやオープン2ラウンド目は日没サスペンデットで4ホールを残した松山だが、14ホールで6バーディ、ノーボギーで通算8アンダー。この時点で暫定首位の尾崎将司に並んだ。

「ティショットがフェアウエーにいったので楽にゴルフができました」

今年は新たなスイングに取り組んでいるが、初戦の東建ホームメイトカップから今大会1ラウンド目まではタイミングが合わず、ティショットに不安があった。そのため思ったようなスコアが出せなかったが、この日はフェアウエーをとらえる回数が増えたことで好スコアにつながった。

6つバーディを奪ったパッティングも良くなっているが、

「いや~、プッシュや引っかけとかミスばっかりなんです。もうちょっと調整したいです」

パッティングの状態が良くなれば、さらにスコアが伸びる可能性はあるわけだ。

「今日はいいゴルフができたので、今日のゴルフを忘れないようにしたいです」

前日、エージシュートを達成し、首位を走る尾崎将司については、

「すごいなと思いました。かっこいいです。残り4ホールを頑張って、一緒に回れればと思います」

最年長優勝と、プロ転向後最速優勝の記録がかかった二人の対決なるか。

◇主な選手のコメント
市原弘大 -7 暫定2T
「風が強かったですが、あまり考えすぎないようにプレーしていました。前年トップ10の出場資格で出場していますが、今週も上位にいるので相性がいいですね」

原口鉄也 -6 暫定4T
「ボギーを打ったあと、昨日のジャンボさんを思い出して自分を奮い立たせましたけど、まだまだジャンボさんの足元にも及びません」

谷口徹 -6 暫定4T
「松山(英樹)、谷口(徹)、ジャンボ(尾崎)さんで優勝争いですかね。ジャンボさんの偉業もすごいけど、勝たれると何をいわれるか分からないですから負けたくないですね」

すし石垣 -6 暫定4T
「風が強くて、かつ風向きが不安定でしたけど、ボクの不安定なショットとうまくマッチしたのがよかったですね。ここのコースはいつもそんな感じなので、毎年楽しみ。明日も風が吹いてくれたらいいですね」

文・小高拓、写真・佐々木啓

このラウンドのニュース

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ