つるやオープンゴルフトーナメント

国内男子

松山英樹 ティショットの精度が優勝のカギ

松山英樹はリラックスした表情で練習ラウンド つるやオープンゴルフトーナメント(2013)(事前情報)
松山英樹はリラックスした表情で練習ラウンド つるやオープンゴルフトーナメント(2013)(事前情報)

プロデビュー戦として注目を集めた東建ホームメイトカップでは、ショットが本調子でなかったものの10位タイに入った松山英樹。2戦目のつるやオープンは初出場のため、月曜日から練習ラウンドを行って調整した。

「先週は隣のホールまで曲がったり、本当にティショットが悪かったです。アプローチとパターでなんとかスコアを作りました。今週はティショットの精度を上げたかったのですが、あまり変わっていません」

開幕戦の4日間のフェアウエーキープ率は39.29パーセント(60位)ながらもトップ10入りしたところに、非凡なものを感じる。

大会前日のこの日は、プロアマ戦でチーム戦初優勝を挙げた。

「チームの足ばっかり引っ張っていましたが、本当にうれしいです」

と優勝スピーチをしたが、本当の喜びは本戦の優勝でしかないだろう。

「ティショットが真っすぐいけば、苦労しないと思います。今週はフェアウエーキープとパッティングがよければ、上位にいけると思います」

先週の課題を生かせば、ツアー初優勝も見えてくるはずだ。

文・小高拓、写真・佐々木啓

このトーナメントの事前情報

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ