東建ホームメイトカップ

国内男子

2013年ツアー開幕! 松山英樹は4アンダー発進

注目の松山英樹は、4アンダーの4位タイと好発進
注目の松山英樹は、4アンダーの4位タイと好発進

リーダーズボード

順位 選手名 スコア 合計
1T 重永 亜斗夢 -5 -5
1T 小田 孔明 -5 -5
1T スティーブン・コンラン -5 -5
4T 李 丞鎬 -4 -4
4T 上平 栄道 -4 -4
4T 室田 淳 -4 -4
4T 井上 信 -4 -4
4T S・J・パク -4 -4
4T 平塚 哲二 -4 -4
4T 池田 勇太 -4 -4

2013年の日本男子ツアーが、東建ホームメイトカップ(4月18~21日、三重県・東建多度カントリークラブ・名古屋)で開幕。同大会と非常に相性のいい小田孔明と、シード権を持たない重永亜斗夢が5アンダーでトップに立った。

先ごろプロ転向した注目の松山英樹は、4アンダーの4位タイと好発進。マスターズ帰りの藤田寛之はイーブンパーの59位タイと出遅れた。

◇主な選手のコメント
小田孔明
「スタートホールのファーストパットは、ちょっと手がしびれて動きませんでした。やはり、国内開幕戦の緊張でしょう。ここでは09、10年に連覇をしていますから、コース、風の吹き方、グリーンとイメージはできています。打ってはいけないところも分かっています。7番(418ヤード、パー4)で、ピンまでの残り136ヤードをピッチングウェッジで打ったら、4メートル手前に落ちたあとにピンに当たってイーグルでした。本当にラッキーでしたね。なぜかは分かりませんが、相性がいいです。明日以降も、今年のテーマであるボギーを打たないゴルフで頑張ります」

藤田寛之
「松山英樹選手と同組でしたが、ダイナミックなゴルフをしますね。ポテンシャルが高いと、バーディを取れるからいいんですよ。自分も松山選手のようなゴルフをしたいです。国内開幕戦ですが、自分はコツコツいくしかないですね。今はアクセルを踏むと危険。スイングをどうしようかと思いながら、これから練習をします。体は大丈夫ですから、焦る必要はないと思っています」

文・井上兼行、写真・鈴木祥、鈴木健夫

初日成績
順位 選手名 スコア
1T 重永亜斗夢 -5
1T 小田 孔明 -5
4T S・コンラン -4
4T 李  丞鎬 -4
4T 上平 栄道 -4
4T 室田  淳 -4
4T 井上  信 -4
4T S・J・パク -4
4T 平塚 哲二 -4
4T 池田 勇太 -4
4T 松山 英樹 -4

このラウンドのニュース

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ