東建ホームメイトカップ

国内男子

松山英樹 プロデビュー戦もいつもの松山英樹で臨む!

「楽しく回れました」とリラックスした表情の松山英樹
「楽しく回れました」とリラックスした表情の松山英樹

松山英樹の特徴の一つは、動じない姿勢。プロデビュー戦前も、その姿は見られる。

「昨年の賞金王の藤田寛之さん、先輩の(池田)勇太さんとプレーできることは光栄です。自分もその中で一生懸命頑張りたいと思います」

大会前週からコース入りをして調整、コースチェックをした。初のプロアマでは、

「楽しく回れました。でも、1番のスタートホールでのティショットではすごく緊張しました。だから、初日の1番ではもう緊張しないと思います(笑)」

あまり多くは語らないが、シーズンを通しての目標は明確。

「自分がしっかりといいゴルフができれば、おのずと上位にいけると思います。1戦1戦を一生懸命頑張るだけですよ」

初めてのプロアマ戦だったが、4、5ホール消化した時点ではゲストと楽しく会話をして、笑い声もいつもどおりだった。

この日、マスターズ委員会からプロ入りのお祝いと激励の手紙を受け取った松山。マスターズでローアマチュア、プロツアーで優勝した21歳が、明日、プロゴルファーとして初のティショットを放つ。

文・井上兼行、写真・鈴木健夫

このトーナメントの事前情報

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ