ダンロップフェニックストーナメント

国内男子

ルーク・ドナルド グリーンのタッチが合うのは才能じゃなくてドリルです

ドリルの内容を知りたい
ドリルの内容を知りたい

ダンロップフェニックスで、ワールドランキング3位(出場時)の実力を発揮し、2位に5打差をつけて優勝を飾ったルーク・ドナルド。

「どの距離も入りそうになる。タッチの合わせ方がすごい」

と、パターの名手・藤田寛之も舌を巻いたパッティングで魅了。そこで、世界各地のグリーンでタッチを合わせる秘密を直撃!

「練習日からグリーンをチェックして、感触をつかむのは重要。そして、スピードドリルをしてタッチが合うようにしているよ」

と、教えてくれたドナルド。そのドリルとは!?

「独自でやっているものだから、詳しい内容はいえないよ。他の選手は同じ距離を反復するパターンが多いと思うけど、ボクはいろんな距離を打つとか、いくつかのパターンがあるんだ」

ドナルドのタッチはセンスだけではなく、ドリルによるたまものだった。

週刊パーゴルフ(12月11日号)掲載

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ