今週のトーナメント

JGTO共催ゴルフパートナーエキシビショントーナメント(ツアー外競技)

国内男子

石川遼のウェッジ4本戦略 「140ヤード以内を自分の得意ゾーンにしたい」

ウェッジ4本戦略が奏功した石川遼 JGTO共催ゴルフパートナーエキシビショントーナメント(2020)(初日) 写真・福田文平
ウェッジ4本戦略が奏功した石川遼 JGTO共催ゴルフパートナーエキシビショントーナメント(2020)(初日) 写真・福田文平

リーダーズボード

順位 選手名 スコア 合計
1 堀川 未来夢 -8 -8
2T 安本 大祐 -7 -7
2T 市原 弘大 -7 -7
2T 塩見 好輝 -7 -7
5T 和田 章太郎 -6 -6
5T 竹内 廉 -6 -6
5T 石川 遼 -6 -6
5T 北川 祐生 -6 -6
5T 幡地 隆寛 -6 -6
10T 坂本 雄介 -5 -5
<JGTO共催ゴルフパートナーエキシビショントーナメント 初日◇9日◇取手国際ゴルフ倶楽部(茨城)◇6766ヤード・パー70>

国内男子ゴルフのツアー外競技、「ゴルフパートナーエキシビショントーナメント」の初日が終了。石川遼は7バーディ・1ボギーの「64」をマークし5位タイと好スタートを切った。

2月以来の実戦となった石川は、新たなクラブセッティングで初日に挑んだ。昨年までは、アイアンセットのPWに加え52度、59度のウェッジを使っていたが、この試合で初めてアイアンセットのPWを抜いて、47度、52度、56度、60度の4本のウェッジを投入。4本のウェッジの組み合わせに替えた狙いは何だったのだろうか?

アイアンセットのPWを抜いたことに関しては、バーディチャンスにつける距離のレンジを増やしたいという狙いがある。

「今までは52度と59度の2本のウェッジで120ヤード以下を打っていたんです。52度を持てば2つ(2打)で上がれると思っていた。それが47度を持ったときでも、顔の形をそろえることで同じ気持ちになれるように。47度は140ヤードなので、140ヤード以内を自分の得意ゾーンにしたい。それが自分にとって勝負になってくる」と石川は語る。

石川の4本のウェッジの番手別の飛距離は以下のようになっている。

・47度 140ヤードまで
・52度 125ヤードまで
・56度 112ヤードまで
・60度 98ヤードまで

ここに56度を入れた意味が見えてくる。

「今までは52度と59度で25ヤードくらい距離の幅が空いていたんですけど、そこを12ヤードくらいのピッチになるようにしました。それで56度を入れて上の3番アイアンのユーティリティを抜いたということです」。距離のピッチを狭くすることで、バーディチャンス自体を増やそうという狙いがある。

実は石川は、2014年シーズンの米国男子ツアーで75~100ヤードのスタッツで1位に輝いている。原点回帰してショートゲームの精度を高めたいという意図があるのだろうか。

「75~100ヤードと100~125ヤードの1位は意味が違う。75ヤードは中途半端な距離で、フルスイングできるプレーヤーはいません。100~125ヤードのほうがより再現性が高いフルスイングでのスタッツになる。試合では1球しか打てないので、中途半端な距離とフルスイングの距離だったら、フルスイングの距離のほうがブレは少ない。そこを強化していきたいと思っています」

ウェッジ4本のフルショットによって、バーディチャンスのレンジと数を増やす。その意図はティショットにも表れていた。『どんなホールも怖がらずにドライバーで攻める』という時代もあった石川だが、この日は3番ウッドや2番アイアンでのティショットが多かったのだ。

「3番ウッドや2番アイアンでティショットを打っても、自分のピンを狙っていける距離、100~120ヤードくらいに収まるホールがありました。逆にドライバーで打つと、70~80ヤードまでいって、サンドウェッジのフルショットができなくなるので、そこまで打っていくことは、今日はしなかったですね」

実質56度を足して4本のウェッジを入れたことで、3番アイアンを抜くことになる。これについてキャロウェイのツアーレップ、島田研二氏に話を聞くと、「4番アイアンをちょっと調整して、気持ちだけ飛ぶようにしています」という。さらに「目指しているところをもう一度頭の中で整理したときに、ドライバーで飛ばすことも必要ですけど、それ以外で自分の何が強みなのかを考えて、そこに答えがいたったんじゃないですか」と教えてくれた。

この試合が終われば、次の試合は米国になる可能性が高い。「自分のゴルフスタイルでどこまでできるか純粋に知りたい」という石川の新しい挑戦が始まった。(文・下村耕平)

記事提供:ALBA.Net(GGMグループ)

ALBA.Net関連記事
・前半「29」のロケットスタート 堀川未来夢が自粛期間にやってきたこと
・堀川未来夢が教える『美スイング&飛距離アップへのストレッチ
・石川遼が全米プロ出場を明言 「自分のスタイルでどこまでできるかを知りたい」
・今平周吾が全米プロ回避を明言 全米OP、マスターズへの出場も「まだ決めていない」

このラウンドのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

  • 池田勇太 JGTO共催ゴルフパートナーエキシビショントーナメント(2020)(初日) 写真・福田文平
  • 藤田寛之 JGTO共催ゴルフパートナーエキシビショントーナメント(2020)(初日) 写真・福田文平
  • 石川遼 JGTO共催ゴルフパートナーエキシビショントーナメント(2020)(初日) 写真・福田文平
  • ウェッジ4本戦略が奏功した石川遼 JGTO共催ゴルフパートナーエキシビショントーナメント(2020)(初日) 写真・福田文平
  • 堀川未来夢が単独首位 JGTO共催ゴルフパートナーエキシビショントーナメント(2020)(初日) 写真・JGTO/JGTO Images

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

ツアー・トーナメント

トーナメントプロ公式サイト・ブログ