香港オープン

欧州男子

45歳E・エルス後退、トップはM・フレーザー

ケガから復帰したM・フレーザーがトップに! 香港オープン(2014)(3日目) 写真・Getty Images
ケガから復帰したM・フレーザーがトップに! 香港オープン(2014)(3日目) 写真・Getty Images

リーダーズボード

順位 選手名 スコア 合計
1 マーカス・フレーザー -5 -11
2 スコット・ヘンド -3 -10
3T ジェイブ・クルーガー -4 -9
3T アンジェロ・キュー -3 -9
3T マーク・フォスター -4 -9
6T アーニー・エルス +1 -8
6T ラファエル・ジャクリン -1 -8
6T RANDHAWA, Jyoti -2 -8
6T ハビエ・コロモ -6 -8
6T SMITH, Cameron -1 -8
香港オープン(10月16日~19日、香港・香港GC、6699ヤード、パー70)

 上がり6ホールで4バーディ。マーカス・フレーザー(豪州)がこの日、スコアを一気5つも伸ばし、通算11アンダーのトップに立った。

「確かに、この位置に自分がいることを私以上に驚いている人はいませんよ(苦笑)。自宅のソファーに座りっぱなしの8カ月間を経て、久々に出場した今週、どんな結果になるか分かりませんでした。ケガからの復帰を目指したこの8カ月は最高とは呼べる時間ではなかったけど、またこんなふうにプレーできれば、それも無駄ではなかったと思いますね」

 欧州ツアー2勝のフレーザーは今年2月のオメガドバイデザートクラシック2日目に棄権して以来、ケガのため長い間試合に出ることができなかった。手術からリハビリ、そして本格的な練習という苦しい時期を乗り越え、久々のツアー出場となったこの大会で、トップに立って最終日最終組を回るのだ。

「この大会では以前、トップ10に3回入っています。そして2012年は単独3位になった。ここは大好きなコースで、毎週、試合でラウンドしたいと思うぐらいです。ツアーNo.1コースだと思っています。明日に向けてどう戦えばいいのか、作戦なんてありませんよ。ただ、この3日間のプレーを明日も続けたいです」

 続けて、通算10アンダーの2位にはフレーザーと同郷のスコット・ヘンドがいる。3位タイには同9アンダーでジェイビー・クルーガー(南アフリカ)とアンジェロ・キュー(フィリピン)、そしてマーク・フォスター(イングランド)の3選手。

 昨日、トップに立って自身の45歳のバースディを祝したアーニー・エルスは1イーグル、2バーディ、3ボギーに1ダブルボギーの1オーバーで回り、通算8アンダーの6位タイに後退した。同順位には初日トップだったジョティ・ランダワ(インド)とハビエ・コロモ(スペイン)、そしてキャメロン・スミス(豪州)が並んでいる。

文・秋山義和

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ