香港オープン

欧州男子

E・エルス、45歳の誕生日にトップに立つ!

バースディケーキを贈られ、頬を緩める首位E・エルス 香港オープン(2014)(2日目) 写真・Getty Images
バースディケーキを贈られ、頬を緩める首位E・エルス 香港オープン(2014)(2日目) 写真・Getty Images

リーダーズボード

香港オープン(10月16日~19日、香港・香港GC、6699ヤード、パー70)

 自身のバースディを5アンダーで祝う。アーニー・エルスが6バーディ、1ボギーをマークし、通算9アンダーで45歳の誕生日にトップに立った。

「お酒を飲まずにお祝いするよ。そして、ちょっとだけケーキをつまみ、ホテルに戻ります。その後はシャワーを浴び、体を休めて夕食に何を食べようか考えます」

 そう笑顔で語ったエルス。これまで、欧米を中心にビッグトーナメントに出場し、メジャー4勝を挙げてきた実力者の彼だが、珍しいことに今大会は初参戦だ。

「このコースは好きです。クラシックなレイアウトで素晴らしいコース。グリーンもいい。だから明日になったら、ロースコアが出るように頑張りたい。この2日間の自分のプレーにはとても満足しています。日曜日をいい日にするためのチャンスをつかみました」

 続く、通算7アンダーの2位タイには3選手、オーストラリア出身のキャメロン・スミスとスコット・ヘンド、そしてラファエル・ジャクリン(フランス)だ。

「(11番スタート)4連続バーディでスタートした。ショットとパットがとてもよかった。4ホール終わった後、まだスコアを伸ばせそうだったので、このまま攻めていこうとしました。ティショットでフェアウエーをキープできたのが、今日のラウンドでの大事なところでした。この2位という順位にとても満足しています」

 そうスミスが答えれば、同郷のヘンドもこういう。

「今週はいいスタート切れた。週末、アーニーを追いかける展開もいいね。もう少しパットが入ってほしいです」

 そして、ジャクリンは、

「今週はこれまでずっといいプレーをしています。コースが素晴らしいのも分かりました。トリッキーなコースですが、ティショットで2打目がしっかり打てる位置にあれば、バーディを狙えるチャンスがたくさんあります」

 なお、香港在住の日本人アマ、ミズノ・シンイチくんは通算7オーバーの138位タイで予選落ちとなった。

文・秋山義和

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ