香港オープン

欧州男子

J・ランダワが首位、注目のエルスは3位スタート

インドのJ・ランダワが首位スタート! 香港オープン(2014)(1日目) 写真・Getty Images
インドのJ・ランダワが首位スタート! 香港オープン(2014)(1日目) 写真・Getty Images

リーダーズボード

香港オープン(10月16日~19日、香港・香港GC、6699ヤード、パー70)

 初日はアジアンツアーの選手がトップに立った。アジアンツアーと欧州ツアーの共催、香港オープンの第1ラウンドが終了し、首位はインドのジョティ・ランダワだ。スコアは1ボギー、7バーディの6アンダーだった。

「ここ数週間、そこそこのプレーをしていますが、いいスコアを作ることができていなかった。今日、いいラウンドをしたので私は驚きました。今日のプレーにとても満足しています」

 そう語ったランダワは今シーズン、SAIL-SBIオープンでの8位がベストフィニッシュ。それ以降、なかなかいい成績を残せていない。

「コーチと一緒に体作りに取り組んできています。ランニングなどをして下半身を強化してきた。昨年、スイングが変わり、下半身が安定してきたので、以前よりよくなってきた。まだ十分強くはないけど、これからも下半身強化に取り組んでいきます」

 続く、5アンダーの2位にはアンジェロ・キューだった。

「マニアックなようなパットだった。11番からスタートし、初バーディは15番。ピンに寄せたかっただけなんだけど、そのままカップに入った。『おお、これが始まりだ』と自分で思いましたよ。次のホールではパットを優しく打ち過ぎたけど、また入った。それはちょうど『今日はオレの日になる』と自分に話しかけたときでした」

 注目のメジャー4勝のアーニー・エルス(南アフリカ)は4アンダーの3位タイ。同じ3位タイにはエルスのほかに、ジェイムス・ヒース(イングランド)、呂 偉智(台湾)、イグナシオ・エルビラ(スペイン)、ジェィビー・クルーガー(南アフリカ)、ラファエル・ジャクリン(フランス)、S・H・ベク(韓国)、ダーン・ハイジンガー(オランダ)、ニコラス・コルサーツ(ベルギー)の8選手がいる。

 なお、今大会には香港在住の日本人アマチュアゴルファー、ミズノ・シンイチくんが出場し、2オーバーの103位タイで初日を終えている。

文・秋山義和

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ