BMWインターナショナルオープン

欧州男子

P・ララサバルが単独首位も、2位に実力者がひしめく

P・ララサバルが2位以下に3打差をつけ、単独首位に! BMWインターナショナルオープン(2014)(3日目) 写真・Getty Images
P・ララサバルが2位以下に3打差をつけ、単独首位に! BMWインターナショナルオープン(2014)(3日目) 写真・Getty Images
BMWインターナショナルオープン(6月26~29日、ドイツ・ラチェンホフGC、7228ヤード、パー72)

 混戦を抜け出したのはパブロ・ララサバルだ。前日の9アンダーに続き、この日も5バーディをマーク。3日間ノーボギーのまま、通算17アンダーで最終日を迎える。

「一打一打、一ホール一ホール、できる限りバーディをたくさん取り、ミスを最小限に抑えようとプレーしています。ひどいドライバーショットが8回ありましたが、そんなことがあっても5アンダーという結果のとおり、自分のプレーをキープできました」

 と、今日のプレーを振り返ったララサバル。今シーズン序盤のアブダビHSBCゴルフ選手権以来のツアー5勝目に向けて、こう言葉を続けた。

「明日、スタートするまでまだたくさん時間があります。いろんなことが起こりうるけど、ボクは調子がいいので、どうなるかは明日、分かりますよ」

 最終日の明日、ララサバルを3打差で追う通算14アンダーの2位タイの選手たちは何と、8人もいる。その中には世界ランク2位のヘンリク・ステンソン(スウェーデン)に、トーマス・ビヨーン(フランス、ダンロップフェニックス2003年大会優勝者)やフランチェスコ・モリナリ(イタリア)といったビッグネームが顏を揃えている。

「今日は大勢の選手がロースコアを出しました。確かに、このコースはバーディをたくさん取れるセットアップですが、明日、トップが変わるチャンスは1度とはいわず、何回かあるでしょう。優勝争いに入っていくにはいい位置です。優勝トロフィーなどや副賞を手に入れたいのであれば、ロースコアで回ればと思う。優勝するには、明日頑張って何回かいいパットを決め、ほどよくいいプレーを続けようとすればいいのさ」(ステンソン)

 なお、上記3選手以外の2位タイはカルロス・デル・モラル(スペイン)、ラファ・カブレラベロ、リチャード・グリーン(豪州)、ロバート・カールソン(スウェーデン)、そしてエミリアノ・グリロ(アルゼンチン)がいる。

文・秋山義和

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ