M2M ロシアンオープン

欧州男子

5年ぶりのロシア開催、梁津萬ら3人が首位

初日トップタイに躍り出たサイモン・ダイソン M2Mロシアンマスターズ(2013)(1日目) 写真・Getty Images
初日トップタイに躍り出たサイモン・ダイソン M2Mロシアンマスターズ(2013)(1日目) 写真・Getty Images
 欧州男子ツアーのM2Mロシアンマスターズ(7月25~28日、ロシア・ツルーボG&ポロC、パー72)の第1ラウンドが行われた。同地でレギュラーツアーが開催されるのは実に5年ぶり。

 5アンダーでトップに立ったのは、梁津萬、サイモン・ダイソン、リカルド・カールバーグの3人。1打差の4位タイに、マシュー・ボールドウィン、アレサンドロ・タディーニ、ジェームズ・モリソン、ハビエ・コロモの4人がつけている。

 日本ツアーでもおなじみの梁津萬は、07年のアジア・欧州共同開催のシンガポールマスターズで優勝し、中国人として初のアジアンツアー賞金王にも輝いた実力者。欧州、アジア、日本と各ツアーを転戦し好成績を残してきた梁が、2勝目を挙げるか注目だ。

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ