アルストムオープン・デ・フランス

欧州男子

長期離脱前のA・ハンセンが首位スタート

4年ぶりの優勝を目指すアンデルス・ハンセン アルストム オープン・デ・フランス(2013)(1日目) 写真・Getty Images
4年ぶりの優勝を目指すアンデルス・ハンセン アルストム オープン・デ・フランス(2013)(1日目) 写真・Getty Images
 欧州男子ツアーのアルストムオープン・デ・フランス( 7月4~7日、フランス・ル・ゴルフ・ナショナル、パー71)が開幕。今大会終了時点での欧州ツアー賞金ランキング上位20位までの者で、有資格者を除く上位5人が全英オープンへの出場権を獲得する。また、開催コースは2018年のライダーカップ会場に決まっているだけに、エキサイティングな戦いが繰り広げられている。

 初日トップに立ったのは、7バーディ、2ボギーの5アンダーで回ったデンマークのアンデルス・ハンセン。長年にわたり苦しんできた手の痛みのため来週手術を受け、復帰は早くとも今秋になるハンセン。長期離脱の前に、2009年以来の優勝を飾ることができるかが注目だ。

 1打差の2位には地元の新鋭、ロメイン・ワッテル。2009年大会覇者のマーティン・カイマー、スティーブン・ギャラハー、トーマス・ビヨーンら9人が3アンダーで、グレアム・マクドウェルら12人が2アンダーで、それぞれ追う展開だ。

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ