ISPSハンダウェールズオープン

欧州男子

ノルウェーのE・コフスタッドが首位スタート

初日のトップスタートで記念撮影を行ったE・コフスタッド(左)とP・マギンリー(中央)ISPSハンダウェールズオープン(2013)(1日目) 写真・Getty Images
初日のトップスタートで記念撮影を行ったE・コフスタッド(左)とP・マギンリー(中央)ISPSハンダウェールズオープン(2013)(1日目) 写真・Getty Images

リーダーズボード

 欧州男子ツアーのISPSハンダウェールズオープン(8月29日~9月1日、ウェールズ、ザ・セルティックマナーリゾート、パー71)の第1ラウンドが行われた。今大会から1年間の成績で2014年のライダーカップメンバーが選出されるとあって、欧州勢にとっては大事な戦いが始まった。

 そんな中、1イーグル、7バーディ、2ボギーの7アンダーで単独トップに立ったのは、ツアー未勝利のノルウェー出身、エスペン・コフスタッド。コフスタッドは前半を1アンダーで折り返すと、10、13番をバーディとしてスコアを伸ばす。14番をボギーとするも15番から3連続バーディを奪い、圧巻だったのは18番(パー5)だ。ガードバンカーから放ったショットがカップインし、イーグルフィニッシュ。後半は「29」のスコアで一気にトップに立った。

 同組で回った来年のライダーカップ欧州チームキャプテン、ポール・マギンリーに対してチーム入りを強烈にアピールする格好となった。

「ライダーカップに出場できたら最高だけど、これで決まるわけではない。でも、取りあえずまともな出願は終えることができたかな」

 2打差の5アンダーで2位には、リチャード・グリーンとクリス・ウッドがつけている。4アンダーの4位タイにはマーク・フォスターら3人。前年覇者のトンチャイ・ジェイディーは、イーブンパーの27位タイで初日を終えた。

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング