全米シニアオープン選手権

米国シニア

井戸木が暫定56位、奥田は同150位、そして室田は棄権に

井戸木鴻樹が暫定56位スタート! 全米シニアオープン選手権(2014)(1日目) 写真・Getty Images
井戸木鴻樹が暫定56位スタート! 全米シニアオープン選手権(2014)(1日目) 写真・Getty Images
全米シニアオープン選手権(7月10日~13日、米国オクラホマ州・オークツリーナショナル、7412ヤード、パー71)

 今季4度目のメジャー大会初日。雷雨により、日没サスペンデッドとなったことで一部の選手が第一ラウンドを終えることができなかった。

 今大会、日本からは井戸木鴻樹、奥田精己、室田淳の3選手が出場。一番いいスコアで回ってきたのは3オーバーだった井戸木で、1バーディ、4ボギーで暫定56位タイ。続いて、7オーバーの室田だったが、ラウンド後に棄権。14オーバーの同150位タイだった奥田が、日本人選手としては井戸木に続き、2番目の順位となった。

 初日、6アンダーで暫定トップに立ったのはコリン・モンゴメリー。昨年、井戸木が勝った全米プロシニアでシニア初勝利、米ツアー初勝利を挙げた選手だ。

「全米シニアプロでの勝利は私に自信を与えてくれた。米国で4日間のストロークプレーの大会で勝つのにとても長い時間がかかりました。1992年にぺブルビーチで行われた大会に、初めて出場してから22年。一度優勝したことで、また勝てるということが分かった。今はチャンピオンズツアーでの戦いを楽しんでいますし、このツアーのメジャー大会は私にとって、レギュラーツアーと変わりませんよ」

 欧州ツアー通算31勝を挙げ、8度の賞金王に輝いたモンゴメリーだが、なぜか、米ツアーでの優勝に縁が無かった。全米シニアプロでの勝利を弾みに、再び、メジャー制覇となるか。

 首位に1打差の暫定2位、5アンダーはマルコ・ドーソンで、マーク・ブルックスが3アンダーの同3位にいる。

文・秋山義和

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ