全米プロシニア選手権

米国シニア

室田淳が3位に後退、井戸木鴻樹は45位に浮上!

室田淳は首位と2打差の3位で最終日へ! 全米プロシニア選手権(2014)(3日目) 写真・Getty Images
室田淳は首位と2打差の3位で最終日へ! 全米プロシニア選手権(2014)(3日目) 写真・Getty Images
全米プロシニア選手権(5月22~25日、米国ミシガン州・ザ・GCアットハーバーショア、6861ヤード、パー71)

 首位タイで3日目を迎えた室田淳。前日の猛チャージから一転、この日は出入りの激しいゴルフを展開した。前半は2バーディ、1ボギー、後半は2バーディ、2ボギーで、スコアを一つ伸ばして通算5アンダーでフィニッシュ。首位コリン・モンゴメリー(スコットランド)とは2打差の3位タイとなり、同スコアのマルコ・ドーソン(米国)とバート・ブライアントに並んだ。

 室田を含め、6選手が首位タイでスタートした中、一人抜け出したのはモンゴメリーだ。予選ラウンドでは連日2アンダーで回り、この日は3アンダーと着実にスコアを伸ばし、通算7アンダーでついに単独首位に立った。

「首位になって気分はいいです。今週行われている欧州ツアーのメジャー大会、BMW PGA選手権への出場権を持っていましたが、むしろここに来て、この大会でプレーしたかった。今はチャンピオンズツアーに出場し、このツアーが大好きです。だから、私のような選手たちがここに集まっているのです。明日プレーするのを楽しみにしています」

 そう意気込みを語ったモンゴメリー。残り18ホールを一緒に回るのは、ベルンハルト・ランガー(ドイツ)だ。

「このツアーでベルンハルトと4回ラウンドしていますが、彼と一緒に回るのは楽しみです。私たちはライダーカップでフォーサムやフォーボールで、何度もパートナーを組みました。互いに相手のゴルフをよく理解していますよ」

 モンゴメリーは1打差で追うランガーと、現地時間の13時35分に最終組でスタートする。

 なお、室田は最終組から2組前の同13時17分に、ジョン・クック(米国)とティオフし、井戸木は同10時8分にボビー・クランペットと一緒に回る。

文・秋山義和

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ