グレーターグウィンネット選手権

米国シニア

M・A・ヒメネスが首位を保持! 井戸木鴻樹は67位タイ

首位をキープしたM・A・ヒメネス! グレーターグィネット選手権(2014)(2日目) 写真・Getty Images
首位をキープしたM・A・ヒメネス! グレーターグィネット選手権(2014)(2日目) 写真・Getty Images
グレーターグィネット選手権(4月18~20日、米国ジョージア州・TPCシュガーローフ、7131ヤード、パー72)

 ミゲル・アンヘル・ヒメネスが、通算9アンダーでトップをキープ。2位のベルンハルト・ランガーとの差を1ストロークとし、最終日を迎える。

「昨日と同じようにショットが打てなかった。バーディでスタートし、3番でボギー、ボールをバンカーに入れてしまい、5になった。続く4番ではティショットを池の中に入れてしまい、その後、レイアップして3パットし、ダボ。でも、9番でバーディを奪い、この日のスコアをイーブンに戻した後、13、18番でバーディとし、何とかスコアを二つ伸ばした。昨日ほどいいゴルフではなかったけど、アンダーパーで回れたのはよかった」

 一方、首位と1打差に迫った通算8アンダーのベルンハルト・ランガーは、

「スロースタートでした。何回かミスショットがあったけど、それが続かないようにした。ピンそばにボールが十分に寄らなかった。ところが後半に入り、いいプレーが続きました。ティショットもよくなり、アイアンショットがピンそばに寄るようになり、パットも決まった。18番で3パットをしなければ、後半30で、とてもいいスコアだったのに」

 と最後のパットを悔やんだ。

 3位には通算7アンダーのフレッド・カプルス(米国)。通算5アンダーの4位タイには5選手いて、ジェイ・ハース(米国)、ダフィー・ウォルドーフ、ケニー・ペリー、スティーブ・ペイト、盧建順(台湾)が顏を並べている。

 なお、日本から唯一出場している井戸木鴻樹は前日から順位を二つ上げ、通算8オーバーの67位タイで2日目を終えている。

文・秋山義和

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ