ミシシッピガルフリゾートクラシック

米国シニア

F・ファンクとB・アンドラデが首位に! 井戸木鴻樹は62位タイ

首位に立ったフレッド・ファンク(左)とビリー・アンドラデ ミシシッピゴルフリゾートクラシック(2014)(2日目) 写真・Getty Images
首位に立ったフレッド・ファンク(左)とビリー・アンドラデ ミシシッピゴルフリゾートクラシック(2014)(2日目) 写真・Getty Images
ミシシッピゴルフリゾートクラシック(3月21~23日、米国ミシシッピ州・フォーレンオークCC、7119ヤード、パー72)

 初日のフレッド・カプルスに代わって、2日目にトップに立ったのは通算8アンダーのフレッド・ファンク(米国)とビリー・アンドラデ。

「前に回ったときと同じように安定したプレーをしたので、楽しいラウンドでした。特に1、2番で連続バーディを奪うなど前半はとてもいいプレーだった。パープレーが続いた後、残り5ホール目ぐらいから風が強くなった。15、17、18番はかなりタフなホールでしたね」

 前日の5位タイから、スコアを5つ伸ばして首位に躍り出たファンク。今季は開幕戦での10位タイがベストフィニッシュだ。2012年のグレーターヒッコリークラシック・アット・ロックバーンでの優勝以来、ツアー9勝目はなるのか。

 同じく首位のアンドラデは、今季がシニアデビュー。ACEグループクラシックでの8位タイが自己ベストである。

「コース内で風が巻いていて、風の強い日でした。それが吉と出たのか、凶と出たのか、分かりませんが、1番でバーディを取っていいスタートが切れた。前半はいいリズムで回れて5バーディの31。でも後半の10番で、長い間ミスをしたことがない簡単なウェッジショットを失敗。そこでボギーとした後、3連続バーディ。16番でもボギーをたたきましたが、最後にまたバーディを取れ、後半は2ボギー、4バーディの34。こうやって首位に立てたなんて、夢の中にいるようです。明日がとても楽しみ。そして、この年齢になってもこうやって勝つチャンスがあるから、私たちは試合でプレーをし続けているのです。明日は勝ちに行き、最終日を楽しみたい」

 1打差の3位タイにはカプルスのほか、ジェイ・ハース、ジェフ・マガートが7アンダーでつけている。

 井戸木鴻樹は1オーバーで回り、通算4オーバーの62位タイで2日目を終えた。

文・秋山義和

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ