全米プロシニア選手権

米国シニア

井戸木が日本男子初のメジャー制覇!

日本選手として初の快挙を成し遂げた井戸木鴻樹
日本選手として初の快挙を成し遂げた井戸木鴻樹

リーダーズボード

米国のベルリーブCC(ミズーリ州、パー71)で行われた全米シニアプロ選手権最終日。5アンダーの5位タイからスタートした井戸木は、フロントナインで4つのバーディを奪い、トップを追撃。バックナインに入ってからも2バーディと、ボギーなしの65をマーク。日本選手としては、チャンピオンズツアーのメジャー制覇は初。レギュラーツアーも含め、海外メジャー初制覇の偉業を達成した。

井戸木といえば、何といってもその正確なショットと職人技のウッド使い。小柄な体で飛距離では他の選手に劣るぶん、ショットの精度を磨いて戦ってきた。2001年からJGTOで計測されるようになったフェアウエーキープ率は、2012年のシニア入り前年まで、合計7回と同部門のトップにたつという驚異的な記録をマークしてきた。

この優勝は、体格で負けたり飛距離が出なくても、自身の持ち味を生かせば海外でも十分に戦えることを証明することとなった。


【プロフィール】
井戸木鴻樹(いどき こうき)
1961年11月2日生まれ(51歳)
身長167センチ 体重62キロ
プロ入り1982年
日本ツアー2勝
日本シニアツアー1勝
大阪府出身

関連ニュース

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ