全英シニアオープン

米国シニア

倉本昌弘11位タイ、井戸木、友利も好スタート

初日トップに立ったジーン・サウアーズ 全英シニアオープン(2013)(1日目) 写真・Getty Images
初日トップに立ったジーン・サウアーズ 全英シニアオープン(2013)(1日目) 写真・Getty Images
 海外シニアのメジャー最終戦、全英シニアオープン(7月25~28日、英国・ロイヤルバークデールGC、パー70)が開幕した。初日はアンダーパーが10人と、過酷な戦いが始まった。

 トップに立ったのは4バーディ、1ボギーの3アンダーで回ったジーン・サウアーズ。1打差の2位タイにフランキー・ミノザ、デビッド・フロスト、ベルンハルト・ランガー、ピーター・シニアの4人がつけている。さらに1打差の1アンダー、6位タイにコーリー・ペイビンら5人が続く。

 5人が出場している日本勢では、倉本昌弘がイーブンパーの11位タイと上々の滑り出し。井戸木鴻樹と友利勝良が1オーバーの23位タイ、奥田靖己が3オーバー48位タイでフィニッシュ。2002年大会優勝の須貝昇は13オーバー、137位タイと苦しいスタート。

 その他の注目選手では、トム・ワトソンが3オーバーの48位タイ、連覇を狙うフレッド・カプルスはマーク・オメーラらとともに4オーバー、59位タイと出遅れた。

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ