3M選手権

米国シニア

全英を制したM・ウィービーが首位! 井戸木は11位

全英シニアに続き、好調をキープしているマーク・ウィービー 3Mチャンピオンシップ(2013)(2日目) 写真・Getty Images
全英シニアに続き、好調をキープしているマーク・ウィービー 3Mチャンピオンシップ(2013)(2日目) 写真・Getty Images

リーダーズボード

順位 選手名 スコア 合計
1 マーク・ウィービー -8 -8
2T ケニー・ペリー -7 -7
2T コーリー・ペイビン -7 -7
4T バート・ブライアント -6 -6
4T ピーター・シニア -6 -6
4T トム・パーニスJr. -6 -6
4T Jeff Brehaut -6 -6
4T John Riegger -6 -6
9T ハル・サットン -5 -5
9T コリン・モンゴメリー -5 -5
 米国シニアツアーの3Mチャンピオンシップ(米国・ミネソタ州、TPCツインシティーズ)初日が行われ、前戦の全英シニアオープンをプレーオフの末に制したマーク・ウィービーが64、8アンダーとロケットスタートを切ってトップに躍り出た。

 1打差の2位タイにはケニー・ペリーとコーリー・ペイビン、2打差の3位タイにはバート・ブライアント、ピーター・シニアら5人がつけている。

 日本人でただ一人出場している井戸木鴻樹はインスタート。その出だしの10番からバーディスタートで前半までに3つスコアを伸ばしていった。後半は5番でダブルボギーをたたくものの3バーディとまとめ、首位と4打差のトータル4アンダーで11位タイと好位置につけた。

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ