三ヶ島かな スイングよりも、指先とボールにも 注目して欲しい!?

レギュラーツアー未勝利ながら、昨年は、成績上位者のみが出場できる最終戦LPGAツアーチャンピオンシップリコーカップに出場。今季も、ニトリレディスで3位タイ、それ以降に出場した7試合もすべて予選通過を果たすなど、安定感のあるプレーを続ける三ヶ島かな。

彼女には、今シーズンから新しくしたものが3つある。ひとつは、ボールのデザインだ。「開幕戦から変更しました。デザインしてもらったのは、SNSで見つけたイラストレーターさん。どの作品も私好みで、『この人に考えてもらいたい!』と、直接お願いしたんです」

新デザインは、バラの花をモチーフに「KANA」の文字を入れたもの。「出来上がりを見た瞬間、想像以上のかわいさに大満足しました!」
SNSで見つけたイラストレーターに自らオファー
SNSで見つけたイラストレーターに自らオファー
また、三ヶ島はコロナの自粛期間中に、自作ネイルを始めたという。「新しい趣味を見つけて、いい気分転換になっています。どんどんハマっていて、プロゴルファーを引退したら、ネイリストになろうかなと思っています(笑)」
コロナによる外出自粛期間中に覚えたネイル
コロナによる外出自粛期間中に覚えたネイル
3つ目の新たな取り組みが、スイング改造だ。渋野日向子のコーチとして知られる青木翔と契約し、昨年よりも15ヤードも飛距離が伸びたそうだ。今年の三ヶ島は、飛距離だけでなく、ボールと指先にも注目だ!
お腹から始動するスイングで飛距離アップ! さらにウエストまで細くなったとか
お腹から始動するスイングで飛距離アップ! さらにウエストまで細くなったとか
取材/文・小澤裕介

関連記事一覧

スペシャルコンテンツ最新記事一覧

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス

アクセスランキング

ツアー・トーナメント