検索結果

  • 「来季こそ初優勝を!」

    こっちゃんの私、怒ってないです! -最終回-

    連載もついに最終回となりました。「週刊パーゴルフ」で連載が始まったのは2015年シーズンからなので、約2年間、毎週お話をさせてもらったことになります。こうして読者の方と触れ合える機会があったことにすごく感謝しています。

    続きを読む

  • 今回は宮本勝昌さんとのペア!

    こっちゃんの私、怒ってないです! -第28回-

    2016年、私のシーズンもついに終了しました。読者のみなさんにはファイナルクオリファイングトーナメント(QT)の結果を受けて、来季の話をしたいところですが、それは次回にするとして、今回はテレビマッチの番宣をさせてください(笑)。 

    続きを読む

  • 「やることは何も変わらない」

    こっちゃんの私、怒ってないです! -第27回-

    今年の女子ツアーはすべて終了しましたが、私にはまだ大事な試合が残っています。ファイナルクオリファイングトーナメント(QT)です。大王製紙エリエールレディスでは予選落ちしてしまい、賞金ランキング52位となり来季シードを獲得できませんでした。

  • こっちゃんの私、怒ってないです! -第26回-

    TOTOジャパンクラシックが開催されている週は、試合に出ていなかったので、故郷の鹿児島に帰ったりして、ゆっくりと休養していました。実は私、自分が出ていない試合はあまり見ません。TOTOジャパンクラシックもスポーツニュースで結果を見ただけでした。周りのことはあまり気にならない性格なのだと思います(笑)。

  • 「松山英樹さんの優勝に驚き!」

    こっちゃんの私、怒ってないです! -第25回-

    世界ゴルフ選手権(WGC)のHSBCチャンピオンンズで、松山英樹さんが優勝しましたね! テレビ中継は見ていなかったのですが、ニュースで結果を知りました。2位に7打差をつけて優勝と知ったときは本当にびっくり。これで米ツアー3勝目ですが、これからもまた勝ちそうな気がしています。

  • 「最近のアマチュアは本当にうまい!」
  • 『めだかクラブ』時代の先輩の赤ちゃんを抱っこ!

    こっちゃんの私、怒ってないです! -第23回-

    私の生まれ故郷は鹿児島です。シーズン中はなかなか帰ることもできないのですが、やっぱり落ち着く場所なので、年に3〜4回は帰るようにしています。先日も1泊2日で鹿児島に帰り、祖父母にあいさつに行き、両親の居酒屋でおいしいもの食べさせてもらい、友達と遊んだりしてリフレッシュしてきました。

  • コーチの中島弘二プロと共に

    こっちゃんの私、怒ってないです! -第22回-

    私のコーチは、シニアツアーでプレーする中島弘二プロです。今年も試合前にスイングをチェックしてもらったり、アドバイスをもらっているのですが、すごく力になります。

  • 心身ともに充実中!

    こっちゃんの私、怒ってないです! -第21回-

    いつもベストな状態で試合に挑むためにも、生活のリズムを整えたり、自分のルーティーンを作ることはすごく大事なことです。それは私にもあります。試合前のルーティーンは、日によって少し内容が違ってきますが、基本的にはスタートの2時間半前からゴルフ場で準備を始めます。まずは朝食を30分で取り、そのあと20分休憩します。それから40分くらいストレッチと軽い筋トレをして体を温めていきます。ここまでで90分。

  • 「優勝に向けてこれからが勝負!」

    こっちゃんの私、怒ってないです! -第20回-

    先日のミヤギテレビ杯ダンロップ女子オープンは5位と今季最高位でした。ただ、全体的にショットの安定感、アイアンがまだまだだなと反省しなければならない点がいくつかありました。チャンスをものにできれば、もっと上にいける手応えはあったので、悔しい気持ちはあります。それでも調子は良くなってきているので、前を向いてがんばるしかありませんね。

みんなでジャーナリスト

  • スタート前からプロとサポーターが会話している姿が、あちらこちらで見られた

    2万円のチケット代でも高くない! 女子プロ66名が参加してサンクスウィメンズゴルフツアー第3回大会が開催

    新型コロナウイルス感染拡大防止のために延期されていた2020年度の日本女子プロ協会プロテストが3月から開始されているが、それに挑んでいるアマチュア資格を放棄している女子プロ予備軍や元単年度選手など66名が参加して、4月9日、裾野カンツリー倶楽部で第3回目のサンクス・ウィメンズ・ゴルフツアー(TWGT)が開催された(18ホール、ストロークプレー)。参加プロは、BSのゴルフ番組などに登場していてゴルフファンにはよく知られている選手も多く、コロナ感性予防の観点もあって600名に絞られた観戦者は、久々の関東での試合とあって、早朝から駆けつける人が多かった。

  • 参加者全員で第1回Clubhouseコンペの記念写真

    声を聞いて初めてお互いの名前が判る!? 史上初?のClubhouseを通じたコンペが開催

    1月末から話題となった音声SNSのClubhouse(クラブハウス)。趣味や関心事が同じ人が、ルームと呼ばれるウエブ上の部屋で同時に会話を楽しめるサービスだが、そこで会話を楽しんでいた人たちがリアルに集ったコンペが4月2日に茅ヶ崎ゴルフ倶楽部(神奈川県)で開催された。

  • 中高生の決勝大会優勝者男女各一人が、アメリカンジュニアゴルフ協会主催大会へ派遣

    石川遼の「ジュニアゴルフ界に恩返しを」の想いで始まった「石川遼カップジュニアゴルフチャンピオンシップ」も

  • 【週刊パーゴルフダブルス2020】

    「週刊パーゴルフ ダブルス 2020 」が大好評エントリー受付中。 ゴルフ仲間や夫婦、二人の息が合えばビッグスコアの予感。アグレッシブなプレーが求められるベストボール方式、コンビネーションが試されるオルタネート方式、エキサイティングなチーム戦をさらに盛り上げています。 今年の優勝チームはどのペア!? 皆様のご参加をお待ちしております。

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

ツアー・トーナメント

フォトギャラリー

トーナメントプロ公式サイト・ブログ