GOLF Net TV連動「深堀圭一郎 KeyTALK」 第14回 石坂友宏④

「直近の目標は日本でのツアー初勝利。将来はアプローチやパター追求して世界を目指す!」

深堀圭一郎が、ゴルファー仲間をゲストに招き、
ツアーでの出来事から普段聞けないような話までぶっちゃけトークを展開する「深堀圭一郎 KeyTALK」。
プロゴルファーの素顔に迫るこの番組は、GOLF Net TVで配信しています。
第14回のゲスト・石坂友宏のトークも今回が最終回です!

お酒、好きです! 父と飲んだりもします! (石坂)

深堀 石坂君はゴルフと関係ない趣味はあるの?

石坂 野球観戦は好きですね。ゴルフを始めたのが10歳で、その時点で自分は野球を辞めてしまったので…。

深堀 横須賀出身だから、横浜ベイスターズのファン?

石坂 はい、ベイスターズです!

深堀 僕も横浜好き。横浜大洋ホエールズ時代からファンで、小学校の時は友の会にも入っていた。ちなみに野球以外に趣味はある?

石坂 洋服が好きなので、友達とよく見に行ったりしています。高校ぐらいからは、地元よりもゴルフ仲間の学生同士で行くことが多いですね。

深堀 ゴルフの練習は仲間とする方、それとも1人でやる?

石坂 1人でやりたいタイプですね。友達とはリフレッシュする時に会う感じです。

深堀 今は実家に住んでいるの?

石坂 はい、横須賀に居たい気持ちがありますから…。父が仕事で三浦市に行っているのですが「三崎マグロ」や「三浦大根」なども美味しいです。

深堀 2つとも有名だね! お酒は好き?

石坂 好きですね(笑)。芋や麦など焼酎が好みで、ソーダ割で飲みます。

深堀 自宅でお父さんと飲んだりもする?

石坂 よくあります!

深堀 お父さんは、うれしいだろうね。


石川遼さんが憧れです。ファンの方への気配りなど人間性も素晴らしい! (石坂)

深堀 話は変わるけど、石坂君の同世代の選手では、中島啓太君ら何人かライバルがいるよね?

石坂 はい、河本 力君や米澤 蓮君などもそうですね。

深堀 同世代にライバルがいることで「一緒に成長している感じ」や「お互いが競り合っているような印象」はある?

石坂 良い刺激をもらっています。

深堀 女子も各世代に若くて才能のある選手が数多くいるけど、繋がりのある選手はいる?

石坂 大学で同級生の稲見萌寧ちゃんや、先輩の臼井麗香さんなどですね。臼井さんとは、部活で一緒にラウンドさせて頂いたこともあります。

深堀 憧れのプロゴルファーはいるの?

石坂 石川 遼さんです。ゴルフはもちろんですけど、ファンの方への気配りなど人間性も素晴らしいと思います。

深堀 石坂君はゴルフを10歳で始めたわけだから、遼がデビューした頃で、ちょうど刺激をもらった感じだよね。

石坂 石川 遼さんとは、2019年の『千葉オープン』、それから『ニトリエキシビジョンゴルフ2020』と一緒に2回ラウンドさせて頂きました。プレー中も、ついつい見てしまいましたね(笑)。


ゴルフは、引き出しがあって損はないスポーツだよね (深堀)

深堀 自分の中で、海外への意識は持っているの?

石坂 はい、松山英樹さんが世界で活躍されているので、少しでも近づけるように頑張りたいですね。できれば、松山さんの後ろに続きたいです。

深堀 チャンスがあったら出たいわけだね。そのために「今後実践する必要があること」などは考えている?

石坂 海外に行って足りないのは、飛距離だと思います。しかし、体を壊すのが一番ダメですから無理はせずに、自分が得意なアプローチやパターなどの小技を磨きたいですね。そして、ドライバーも好きなので、さらに安定性を追求していければと思います。

深堀 日本ツアーで「早く1勝したい」という気持ちがあると思うけど……。

石坂 はい、まずは1勝することが目標です!

深堀 ゴルフで「これだけは守り続けたい」と思うものはある?

石坂 プロの世界で「アプローチやパターの天才」と言われるぐらい、練習して追求したいですね。

深堀 ゴルフは、引き出しがあって損はないスポーツだからね。最後に「どんなプレーヤーになりたいか」聞きたいんだけど……。

石坂 将来的には「松山英樹さんを超えるぐらいのビッグプレーヤー」になりたいですね。

深堀 石坂君の今後の活躍が、本当に楽しみだね。今回は楽しい話をありがとうございました!

石坂 ありがとうございました。



~次回からは比嘉一貴がゲストとして登場します!~


■プロフィール
・深堀圭一郎/ふかぼり・けいいちろう
1968年10月9日生まれ、東京都出身。1992年にプロへ転向。ツアー通算8勝。ラテール・エンタプライズ所属。

・石坂友宏/いしざか・ともひろ
1999年9月21日生まれ、神奈川県出身。2019年に『日本アマチュア選手権』で4位、さらに『日本オープンゴルフ選手権』ではローアマチュアを獲得。同年にQTを受験してプロへ転向。2020年の『ダンロップフェニックス』で2位となり脚光を浴びる存在となった。アプローチやパターを得意とし、ショートゲームに自信を持つ。

関連記事一覧

スペシャル最新記事一覧

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

ツアー・トーナメント

フォトギャラリー

トーナメントプロ公式サイト・ブログ