大里桃子 名前は桃子ですが…

この日のウェアも赤でした。そして大好きなイチゴを手にパシャリ!
この日のウェアも赤でした。そして大好きなイチゴを手にパシャリ! 【拡大】
2020年シーズンは出場13試合で1700万円超を稼いだ大里桃子。実は“桃子”という名前は、父・充さんが「プロゴルファーと結婚してほしい」との理由で、女優の菊池桃子さんにちなんでつけたそうだ。

「名前は桃子なんですけど、フルーツだったら桃よりイチゴのほうが好きだし、色もピンクよりも赤のほうが好きなんですよね」と笑う。

赤には情熱やパワフルさなど、アグレッシブなイメージがある。かわいらしいピンクもいいけど、試合で戦うアスリートには赤のほうがいいのかもしれない。今シーズン、大里が目標として掲げる「ツアー2勝目」の勝負ウェアも、もちろん赤だ!
(文・編集部)

※週刊パーゴルフ2021年2月2日号「トーナメントフラッシュ」より

週刊パーゴルフ2021年2月2日号(1月19日発売)のトーナメントフラッシュでは、以下のようなラインアップで選手たちの気になる最新情報をお届け中です。
●金谷拓実 新契約ラッシュ!
●大里桃子 名前は桃子ですが…
●稲見萌寧 かわいいよりも実用性!?

スペシャル最新記事一覧

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

ツアー・トーナメント

フォトギャラリー

トーナメントプロ公式サイト・ブログ