〈SIM2〉と新〈エピック〉の画像がネット上に!どんなクラブなのか、見た目から勝手に推察してみた

左から、R&Aの適合リストに載った〈SIM2〉、〈SIM2 MAX〉
左から、R&Aの適合リストに載った〈SIM2〉、〈SIM2 MAX〉 【拡大】
テーラーメイドとキャロウェイ。この人気メーカー2社は例年1月に新しいクラブの発表をすることが多いが、その前にニューモデルの姿が徐々に見えてきた。

テーラーメイドのニューモデルは〈SIM2〉。今月中旬にはR&Aの公認リストに〈SIM2〉と〈SIM2 MAX〉の2機種が登録された。このモノクロの画像と、真偽は不明だがユーチューブや一部のSNSにあった画像を基に、その印象を二人のギア賢人に聞いてみた。

令和の試打職人、本誌ギア企画にもたびたび登場している石井良介は画像を見て、こう語った。

「SIM2は、大きな変化は可動式のウェートがなくなったこと。ソールにレールを作ると、かなり重量を取られるので、そこを簡素化して余剰重量をつくるようにしたのでしょう。あとソールがすべてカーボンに見えますが、これも同じく余剰重量をつくるためでしょうか。内部にどう重量が配置されているのか気になりますね。あとヘッド後方の“フォージドアルミニウム”の文字も気になる。前作よりも低スピンで大慣性モーメントなヘッドになった印象です」(石井)

同じくSIM2をクラフトマンでもある本誌連載「ギア ダーウィン研究所」の峯明弘氏は、こう語った。

「気になるところは多々ありますが、ソールから見たヒールの立ち上がり方が2017年の〈M2〉っぽいですね。このモデルは今でも人気で、多くの人に愛されたクラブ。〈SIM〉は少し難しいクラブだったので、こちらのほうが使える人は多い印象です」(峯氏)

ツイストフェースやスピードポケット、イナーシャジェネレーターなど〈SIM〉から継続された機能は多いもよう。やはり気になるのはフォージドアルミニウムという素材と、なくなった可働式ウェートか。二人のコメントを総合すると、〈SIM〉よりも寛容性が上がったのは間違いなさそうだ。
allgolfequipmentというSNSアカウントがリークした〈エピックMAX〉の画像
allgolfequipmentというSNSアカウントがリークした〈エピックMAX〉の画像 【拡大】
続いてキャロウェイのニューモデルは、どうやら〈エピック〉の新作のもよう。インスタグラムなどに真偽不明の画像があり、〈エピックMAX〉と〈エピック スピード〉の2機種を見ることができた。

「画像を見ると〈エピック〉シリーズの代名詞、フェース内部に2本の柱を設置した『ジェイルブレイクテクノロジー』が『ジェイルブレイクスピードフレーム』に変わっていますね。パッと見た感じですと、柱が4本に増えたのでしょうか?無駄なたわみを抑え、ボール初速を上げる技術ですが、その高初速エリアをさらに広げた感じでしょうね。飛びそうな印象です」(石井)

「画像を見るとソールのカーボンの面積が前作よりも増えた印象です。その重量分、柱を増やしたのでしょうか。〈MAX〉は前の4本柱と後ろのウェートで慣性モーメントはかなり大きそうですね」(峯氏)

〈エピック〉はやはり、4本に増えたように見える柱が気になるポイント。飛ぶクラブとしてプロに大人気だった〈エピック〉の後継だけあって、飛距離性能に注目が集まりそうだ。

画像からだけでも確実に進化した感がある2大人気メーカーの21年モデル。正式発表が今から待ち遠しい限りだ。

(本誌ギア取材班)
※週刊パーゴルフ2021年1月5・12日合併号「芝目八目」より

週刊パーゴルフ2021年1月5・12日合併号(12月22日発売)の芝目八目では、以下のようなラインアップでゴルフ界の気になる最新情報をお届け中です。
●優勝者の平均年齢は22.7歳!若年化が“さらに”進んだ2020年国内女子ツアー
●〈SIM2〉と新〈エピック〉の画像がネット上に!どんなクラブなのか、見た目から勝手に推察してみた
●PGAが21年シニアツアー等の日程を発表 「日本プロも含め“フルスペック”でいきたい」
●ドローンを活用したゴルフコンペが開催 近い将来、コイツがキャディの役割を担う!?
●日本プロも開催した福岡の名門コースで内紛劇 出光創業家も登場して旧経営者を放逐

スペシャル最新記事一覧

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

ツアー・トーナメント

フォトギャラリー

トーナメントプロ公式サイト・ブログ