予算枠の上限に迫る事態が発生したGoTo ゴルフ旅行も一部で「予約がパンパン」に

(写真・Getty Images)
(写真・Getty Images)
大混乱に陥っていたGoToトラベルキャンペーン。宿泊割引の予算枠が上限に迫ったことで一部の旅行サイトが割引額を引き下げたり、利用回数を制限する事態に陥っていた。直後の13日に赤羽一嘉国土交通相が予算枠を追加配分すると表明し、事態が収束に向かったのはご存じのとおり。

その間にも地域振興クーポンが現地に届いていなかったり、スマホのアプリの使い勝手が悪かったりと、批判も少なくなかった。それでも、旅行業界に活気をもたらしたことは間違いない。

もともとゴルフ旅行には定評のある阪急交通社の関係者も、すでに品薄状態になっていることを暗に認める。

「(寒くなる前の)10~11月は新潟、茨城、福島などの予約がパンパンです。これから寒くなる大阪、東京からは沖縄、九州への予約が増えています。長崎のパサージュ琴海(アイランドGC)、宮崎のフェニックスCC、沖縄の宮古島(のコース)などが人気ですね。正直、昨年の今ごろよりも忙しいです」

と、ウレシイ悲鳴を上げている。そこで今、オススメのパックを提案してもらった。

「ゴルフ好きならたまらないのが、宮古島で2泊3日、3ラウンドプレーで通常7万円のプランでしょうか」

到着した日からエメラルドコーストGL、2日目はシギラベイCC、最終日はオーシャンリンクス宮古島と、ゴルフ漬けの3日間。航空運賃、宿泊費、グリーンフィを含んでいるが、カートフィや諸経費は別に必要。それでも10~11月の平日なら4人1室利用で7万円のところ、GoToキャンペーンの給付額が2万4500円出るため、支払い実額は4万5500円となる。さらに地域共通クーポンが1万1000円出るため、食事やお土産などにもこれが使える。

「すでにほぼ100%の(予約が埋まっている)プランもありますので、お早めに」

コロナ禍でどん底まで落ち込んだ旅行業界も、ようやく息を吹き返しつつある。

ただ、海外のゴルフ旅行のほうはまだまだだ。マスターズなどアメリカのメジャートーナメントに合わせ、名門コースをプレーするプランが人気だったジェット&スポーツは、コロナ禍の影響をもろに受けたという。

「海外の旅行に関しては3月の2週目辺りからキャンセルが出て、現在までまったくダメな状況が続いています」

しかし、同社は秋の宮崎のゴルフパックにも定評がある。男子のダンロップフェニックスや女子のJLPGAツアーチャンピオンシップリコーカップの観戦こそ無観客で開催されるためかなわないが、ゴルフのプレーは可能。試合が行われた後のフェニックスCCで1ラウンドと、敷地内にあるトム・ワトソンGCの2ラウンドがついて16万円から(2名1室利用)。GoToキャンペーンで2万8000円(2泊分)の割引が受けられる。さらに1万2000円(2泊分)の地域共通クーポンがつく。

楽天トラベルの関係者は「ゴルフの強み」を、こう解説してくれた。

「ゴルフは密を避けられるスポーツです。それだけに『こういうふうに感染対策をしていただければ』という提案もしてきました。旅行に行った先でお金を使うことで、観光産業などの経済を助けることにもつながるわけですし」

ウィズコロナの時代。旅行業界の現場で、ゴルフのよさが見直されている。

(日本ゴルフジャーナリスト協会会長・小川朗)
※週刊パーゴルフ2020年11月3日号「芝目八目」より

週刊パーゴルフ2020年11月3日号(10月20日発売)の芝目八目では、以下のようなラインアップでゴルフ界の気になる最新情報をお届け中です。
●2カ月の遠征を終えて帰国する渋野日向子 海外で何を得たかを青木コーチが語る
●原英莉花が投入して即、国内メジャー制覇 「ミズノ=難しい」を覆した〈ホットメタル〉が今HOT!
●予算枠の上限に迫る事態が発生したGoTo ゴルフ旅行も一部で「予約がパンパン」に
●女子プロ人気もついにここまできた!初のJLPGA公認トレーディングカードが登場

スペシャル最新記事一覧

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

ツアー・トーナメント

フォトギャラリー

トーナメントプロ公式サイト・ブログ