増田伸洋 目指せ!父親超え!!

高校1年にして父・伸洋とほぼ同じ体格の康輔クン。ツアープロになり、父親超えを果たせるか、将来が楽しみだ!
高校1年にして父・伸洋とほぼ同じ体格の康輔クン。ツアープロになり、父親超えを果たせるか、将来が楽しみだ! 【拡大】
日神カップ千葉オープンに出場していた増田伸洋。そのキャディバッグを担いでいたのは、高校生の長男・康輔クンだった。写真を見て分かるように、その風貌は間違いなく父親のDNAを感じる。聞けば、高校のゴルフ部には入らず、個人で練習しているとのこと。もっとも自宅が練習場であり、父親がツアープロなのだから、自然な流れではある。

「将来的にはプロを目指したいです。できれば父親を超えるような選手になりたいですね」と、抱負を語った康輔クン。増田といえば、2006年のマンダムルシードよみうりオープンで、アジア人初のメジャーチャンピオンであるY・E・ヤンとの優勝争いを制している。そんな父親を超えるハードルは十分高い。

「たとえプロになれても、稼げるようになるのは大変だからね。これまでに費やしたぶんを返してもらわないと」(伸洋)

練習では厳しく、普段は優しい父親だというのが康輔クンの増田評。ぜひとも父超えを果たしてほしいものだ。
(文・編集部)

※週刊パーゴルフ2020年11月3日号「トーナメントフラッシュ」より

週刊パーゴルフ2020年11月3日号(10月20日発売)のトーナメントフラッシュでは、以下のようなラインアップで選手たちの気になる最新情報をお届け中です。
●笹生優花 まさかカメラマンに転身!?
●時松隆光 所属コースは対策ばっちり!ゲンちゃん弁当の計画も!?
●増田伸洋 目指せ!父親超え!!

関連記事一覧

スペシャル最新記事一覧

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

ツアー・トーナメント

フォトギャラリー

トーナメントプロ公式サイト・ブログ